Da-iCE、新アルバム『SiX』にandrop
・内澤崇仁が楽曲提供で参加 リリッ
クビデオも公開に

Da-iCEが2021年1月20日に発売するニューアルバム『SiX』に収録される新曲「Love Song」が、ロックバンド・andropの内澤崇仁からの楽曲提供であることが発表され、そのリリックビデオが公開された。
これまで、Aimerの名曲「カタオモイ」や、柴咲コウmiwa上白石萌音などへの楽曲提供・プロデュースを行ってきた内澤だが、男性アーティストへの楽曲提供は今回が初となる。「Love Song」は、サビの「世界中がラブソングで溢れる」というフレーズが印象的な心温まるラブソングで、冬の寒い夜にぴったりな一曲。リリックビデオでは「World with Love」というメッセージが書かれた紙ヒコーキが世界の空を巡りながら、愛を繋ぎ、言葉を届ける展開となっている。
映像は「Love Song」にのせて、「世界をオンライントラベル」できる構成となっている。モン・サン=ミシェル、ウユニ塩湖、ノルウェーのオーロラなど、概要欄には世界遺産ほか絶景の場所がタイムと共に記載されており、「#紙ヒコーキと世界の空旅 をご一緒に!」と書かれたメッセージ通り、楽しみ方に様々な趣向が凝らされた作品に。さらに、リリックビデオのラストには内澤も告知せずに出演している。
androp・内澤崇仁
今回の楽曲提供に、内澤崇仁は「これまで女性アーティストの方への楽曲提供は何度かありますが、男性アーティストの方からのオファーは初めてだったので、自分なら何ができるのか面白そうだなと直感で感じたのと、ダンス&ボーカルグループへの楽曲提供は、自分にとっても良い挑戦になると思い、今回の素敵なオファーを受けさせていただきました」とオファーを受けた時の想いをコメント。
楽曲制作については、「コロナ禍ということもあり、ライブもなかなかできない中で、待っていてくれている人たちに音楽で心に寄り添えるような、そばにいるよという想いも込めて、書かせていただきました。」と、昨今のソーシャルディスタンスが必要とされる中で、心に寄り添える音楽を届けたいという想いで制作に臨んだという。
同曲についてボーカルの花村想太は、「最初にデモを聴かせていただき、本当に耳心地がよく、ずっと聴いていられました。 レコーディングの時は歌いながらこみ上げてくるものがあり、そういった経験を味わえることは貴重なので、 本当に幸せな気持ちで1フレーズ1フレーズ大切に歌わせていただきました。」と語り、パフォーマーの工藤大輝も、「僕個人としてもandropさんの作る楽曲の大ファンですので、今回の楽曲提供のオファーを受けていただいて非常に嬉しく思っております。内澤さんの想い描くDa-iCEの音楽が素晴らしい形で具現化された楽曲になっているので、その素晴らしさをパフォーマンスを通じて僕達が責任を持って皆様に届けていきたいと思っています。」と意気込みを語っている。
また、レコーディングにも立ち合ったという内澤は、「微々たる差でも追求して納得するまで歌っている姿は、僕も刺激をもらいました。是非、世界中の人に届く楽曲になってくれたらと思います。」と完成された楽曲を絶賛した。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着