2020年はみなさんにとってどんな1年になりましたか? DIGLE MAGAZINEでは、今年を振り返る年末の特別企画として、アーティストやDJなど様々な方に、ベスト・トラックや、2020年をどんな風に過ごしたのかをお伺いしました。
第10回目は、OL兼ツイン・ヴォーカル2人組・
が登場。

PROFILE 09年結成。MICA、MIUの現役OL二人組。関西で結成、11年に限定シングル「ENDLESS SWIMMER/HIGH VISION」、12年に限定シングル「SWAP」リリース。早耳ミュージックフリークの注目を集める。その勢いで翌13年には1stミニ「Nietzsche」(ニーチェ)リリース。ライブは年に数本で、平成の幻ツチノコユニットと呼ばれはじめる。14年には2ndミニ「(not)NUCLEAR LOVE(or affection)」(読みは「かくれんぼ」)発表。次第にラディカルな要素も強めはじめる。14年には地元関西のKiss-FMにて自身のレギュラー番組をスタート。この頃から認知され始め、著名人に呟かれることしばし。15年にサードミニ「AQ」リリース、さらにジャンルのフィールドを拡げた音楽性にFM局などが絶賛、リード曲「綺麗」は早耳FM局のパワープレイを獲得。ライブに力を入れ始める。16年は今までにないライブ活動を展開し、17年初頭配信シングル「Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!」で印象派流ブラックミュージックの解釈も完成形を見せる。そしていよいよ発表となる、「言葉」に力を入れ始めたニューアルバム「印象派は君に問いかける」は、今の???な時代に問いかける、印象派第2章の始まりといえるだろう。2020年最新曲「WANNA」「魔法」も配信中。

Best Tracks of 2020

印象派:
今年おうちではたまたコロナサバイブな通勤路でよく聴いてた音楽まとめてみました。

印象派の2020年

2020年はあなたにとってどんな1年でしたか?
MICA:
全てを一新出来た年。
MIU:
じぶんにとって大切なものに集中して生きた年。
12月31日はどう過ごしますか?
MICA:
ケーキにローソクを立てて、この2020年を乗り越えられたことを祝いたい。 
MIU:
今年一、のほほんと過ごす。
2021年にやりたいことや予定していることは?
MICA:
来年こそ印象派で有観客でライブがしたい! 
MIU:
あたためにあたためた新(?)曲たちを送りだす。

INFOMATION 印象派の音楽に影響を与えたミュージックと、miuが日常気になった曲をお届けするSPOTIFYプレイリスト「miumiunow~音楽的支柱miuの日常音楽」を随時更新中! 詳細はこちら

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着