L→R TAIYU、TOSHIKI、HIROTO、YU-TA、KENTO.i

L→R TAIYU、TOSHIKI、HIROTO、YU-TA、KENTO.i

【IVVY インタビュー】
僕たちが最初に抱いた目標は
“人を幸せにする”ということだった

結成から5年を経て、より力強く、そしてエモーショナルにパフォーマンスするIVVYが完成させた待望の1stアルバム『AWAKE』。メンバー自身も“自分たちの良さが凝縮されている”と話す今作について、5人にじっくりと語ってもらった。

焦らずにコツコツとやってきて
良かったと思っている

待望の1stアルバム『AWAKE』が完成した感想を教えてください。

KENTO.i
デビューしてから5年間、ずっとアルバムを出すことが夢だったんです。だからこそ、その夢が叶って、今は素直に嬉しいですね。このアルバムに収録されている曲全てに“この先、這い上がっていこう!”という気持ちが込められているので、それを感じ取ってもらえたら嬉しいです。それに、この5年間じっくりとやってきたからこそ、ゴリゴリのヒップホップ曲である「Rock city」も入れることができたんです。なので、焦らずにコツコツとやってきて良かったと思っています。
TAIYU
「Rock city」には特に強い成り上がり感を感じるんですよ。僕らは決してスムーズにここまで上がってきたわけではないので、雑草魂を代弁しているように思います。
TOSHIKI
この曲をライヴで歌うと今まで大変だったことを思い出して、いい意味で音源通りには歌えないんですよね。気持ちが込み上げてきてしまうんです。
KENTO.i
改めてステージに立てることに感謝する曲になっているよね。これまで僕らは小さなライヴハウスで歌っていて、今夏に中野サンプラザに立つことができたんです。でも、それはまだまだ通過点だからこそ、いつかドームに立つことができた時に、この曲が本当にエモい曲になると思うんですよ。僕たちにとってもすごく大事な曲になると思うので、これから先もずっと歌っていきたいですね。
YU-TA
この一年って世界的に情勢が良くなかったから、打撃を食らっていない人はひとりもいないと思うんですよ。だからこそ、ポジティブなものを届けたかったんです。僕たちが最初に抱いた目標は“人を幸せにする”ということだったので、その気持ちがギュッと詰まった一枚になりました。中でもポジティブなのが「AWAKE」で。曲調もそうですが、歌詞を聴いているだけで前向きになれるんです。
HIROTO
この曲のライヴMVがあるんですが、自分たちで観てもカッコ良いって思えるんですよ。ライヴで俺たちがどんな表情で、どう楽しんでいるかが伝わるものになっているので、ぜひ観てもらいたいです。
TAIYU
中野サンプラザでの光景がすぐに蘇ってくるよね。僕ら自身もステイホーム期間が明けて初めてのライヴだったので、すごくドキドキしていたんです。でも、やっとできるライヴに感謝をしながら、心がアツく燃えていたんですよ。その熱が伝わるライヴ映像になっています。
HIROTO
アルバムのタイトルになっている“AWAKE(=覚醒)”には、“これからさらに先の夢に向かって羽ばたいていけるように”という想いが込められているんです。そんな新たなIVVYを感じられる新曲はもちろん、これまでずっと歌ってきた曲が入るのもすごく嬉しいですね。
TOSHIKI
「Mirage」「Brand New Day」はずっと歌ってきた曲だからね。
HIROTO
うん。今作のために再レコーディングをしたんですが、以前の音源を聴くと、やっぱり声がすごく若いんですよ。ちょっと恥ずかしいですが、ちゃんと成長も感じられると思います。今の声はちょっと落ち着いたよね。
TOSHIKI
昔のほうがワントーン明るいんだよね。でも、それはそれでいいから、聴き比べてもらいたいですね。恥ずかしいですけど(笑)。それに、こうやってアルバムを出すことができたのは、ファンのみなさんと、協力してくれるスタッフさんがいたからこそで。どんな状況になっても支えてくれる方たちへの感謝を改めて感じました。僕自身が歌っていて新鮮だったのは、やっぱり「AWAKE」「Rock city」かな? 5年前だったら絶対に歌えなかったような曲なんですよね。特に「AWAKE」は挑発的でセクシーなんで、大人な僕たちを感じてもらえると思います。
TAIYU
IVVYがここまでやってこれたのは、みんなで目の前のことをコツコツと真剣に乗り越えてきたからだと思うんです。それが僕らの長所ですし、決して焦ることなく、ちゃんと積み上げていくタイプなんですよね。その良さがこのアルバムに凝縮されているんじゃないかと思っています。
TOSHIKI
そうだね。みんなコツコツ型だよね。
TAIYU
うん。あと、「A:live」の振り付けは僕がさせてもらったんですが、今まで以上に難しいものにしたんです。まずコンセプトを考えて、メンバーとどういう曲にしたいかをしっかりと考えました。そこで“ライヴでやった時に会場が一体になって盛り上がれるような曲にしたい”という意見でまとまったんです。ファンの方たちとも一緒に踊れる曲を作りたいと話していたんですが、意外と難しくて…。そうやって練っていく中で、新しい魅力を出すためにロックダンスを取り入れてみたんですね。そしたら、新たな一面も出せるし、ファンとも盛り上がれるという、ふたつの項目をクリアーするダンスができてホッとしました。
HIROTO
すごく難しいダンスだったんですけど、それ以上に楽しいんですよ。これまでロックダンスはしたことがなかったんですが、5人揃って踊ることがすごく楽しかった。
TAIYU
最初に僕が振り付けしたダンスをダンサーさんに踊ってもらったんです。正直言って、最初はちょっと難しく作りすぎてしまったと思ったんですが、みんなのダンスのスキルが本当に上がっていて、自分が思っていた通りの表現を4人がしてくれたので嬉しかったんです。
TOSHIKI
難しかったけどね、すっごく!(笑)
全員
あははは。
TOSHIKI
でも、そのダンスが本当に素敵で楽しいんですよ。
YU-TA
難しいダンスを持ってきてくれると、僕らもうまくなりたいと思うし、楽しいからこそ頑張れるんです。TAIYUは最年少なんですが、こんなにもカッコ良いダンスと構成を考えられることにリスペクトするし、全員が成長できた曲になったんじゃないかと思っています。
KENTO.i
実は僕とTAIYUは同じダンススタジオ出身なんです。彼は当時から本当に上手で、常に上級メンバーとしてピックアップされていたんですよね。その彼の本領が発揮された振り付けで…もうさすがでしたね。
TAIYU
…。
TOSHIKI
すっごい照れてるね(笑)。
TAIYU
これからも頑張ります!(笑)
L→R TAIYU、TOSHIKI、HIROTO、YU-TA、KENTO.i
アルバム『AWAKE』【初回盤】(CD+BD)
アルバム『AWAKE』【通常盤】(CD)
アルバム『AWAKE』【5周年記念!豪華スペシャルBOX】(2CD+2BD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着