「私たちの伝説をこれから作っていく
」。コンビニ推進アイドル(仮)、初ラ
イブで見せたキラキラ輝く笑顔の意味

コンビニ推進アイドル(仮)が「プレミアム始動ワンマンライブ」と題し、12月19日(土)に原宿RENONを舞台にデビューライブを行なった。先に伝えておくと、同公演のチケットを求める声が予想以上にも大きかったことから、始まりの姿を観たい人たちのために配信ライブも同時に実施。さらに、同日にもう1公演を追加。昼公演として「プレミアム始動ワンマンライブ」を、夜公演を「プレミアム始動ワンマンライブ<追加公演>」と題し、1日2公演行なった。
この日の2公演を通し、コンビニ推進アイドル(仮)から新しいニュースが2つ告げられた。一つ目が、「12月22日(火)より、全国のローソン各店舗でアーティスト写真を発売する」こと。
メンバー8人の写真(全8種類)をランダムで販売。しかもこの写真、「COCOAR2アプリ」を使ってそれぞれの写真にスマートフォンをかざすと、そのメンバーのコメント動画が見れる仕様になっている。さらに「COCOAR2アプリ」はスタンプ機能も兼ねており、コメント動画を見るごとにスタンプが溜まる仕組みになっている。メンバー5人のコメント動画を見た方は、「メンバーからあなたのためのコメント動画」も獲得できる。詳しくはコンビニ推進アイドル(仮)の公式twitterをご覧になっていただきたい。
二つ目が、メンバー初の生誕祭の開催。1月9日(土)原宿RENONを舞台に、「コンビニ推進アイドル 祝春沢リリなバースデー ワンマンライブ」と題し春沢リリなの生誕祭を1日2公演行なう。グループとして初になる生誕祭。しかも昼夜2公演のように、どんな内容を用意してお祝いするのかも気になる。
ここからは、コンビニ推進アイドル(仮)の初ライブとなった「プレミアム始動ワンマンライブ」の模様をお伝えしよう。
イントロが流れたとたん、軽やかに弾むポップな楽曲に触れ、胸が騒ぎだした。コンビニ推進アイドル(仮)の初ライブは、公開オーディションのときから披露していた「僕のヒーロー」からスタート。メンバーそれぞれが歌をまわしながら、サビでは8人が一体化した声を響かせてゆく。ここにはアイドル未経験のメンバーも多いことから、歌唱面やステージングではまだまだ拙い面もある。むしろ今は、みずからキラキラ輝こうと歌う姿に、「頑張れー!!」と応援を送りたくなる。その応援も、不安からではない。メンバーの誰もが輝く笑顔で無邪気に歌い踊っているからこそ、その姿へ素直にエールを送りたくなる。一人一人のその笑顔をずっと追いかけたい。その気持ちにさせてくれたのが嬉しいじゃない。
最初のMCでは、一人一人が担当するコンビニエンスストアを紹介。そこが、このグループの特色の一つ。しかもメンバー一人一人が、スカートのベルトに個性を投影しているのもポイントだ。気になった方は、映像(27日まで配信)を通して確認していただきたい。今後も、コンビニ各グループと提携していろいろ仕掛けていくそうなので、そこは楽しみにしていたい。
次に披露したのが、こちらも公開審査で歌っていた「七色の虹」。イントロが流れたとたん、キラキラ輝く音のシャワーを浴びた気分になっていた。里実みあから歌いだした楽曲は、メンバー一人一人に歌のバトンを渡しながら、8人の歌声で楽曲をカラフルに彩ってゆく。軽やかにステップを踏みながら笑顔で歌う姿が、とても初々しい。コンビニ推進アイドル(仮)は、楽曲ごとに各メンバーの個性を味わえるのも魅力だ。曲ごとに中心となって歌うメンバーが変わるように、メンバー全員がメインを取れる可能性を秘めた存在であるところもポイントだ。「輝くよ明日はきっと」の歌詞のように、これから彼女たちがどんな輝きを示すのか楽しみになってきた。
MCでは、オーディション中の想い出話や、今だから安心して語れるエピソードなどをあれこれ話していた。メンバー中唯一芸能活動が初めての春沢リリなは、「このオーディションをきっかけでアイドルも芸能活動も始めました。わたしの中の壮大な、新たな人生が始まりました」と、初々しい言葉も語っていた。
次に披露した「Voyager」は、大海原へ力強く漕ぎだすような様も浮かぶ、壮大な、こちらも胸を弾ませる楽曲だ。このメンバーで夢という宝物をつかむために船出する8人それぞれの、そしてコンビニ推進アイドル(仮)として未来へ向けて走り出す意志を歌詞に記している。どの楽曲も希望に満ちた想いだ。でも、ただ無邪気に明るく歌うのではなく、そこへ不安な心境なども記しつつ、それを乗り越えようとする強い意志を持って歌っているように、そこから、いろんな試練を乗り越えたからこそ、今、笑顔で走り出そうとしてゆく彼女たちの姿も重なって見えてくる。「Voyager」も、そう。この歌を聞きながら、彼女たちと一緒に航海へと乗り出し、共に冒険しながら進もうという気持ちになってくれたら嬉しい。
MCでは、歌う際のフォーメーションについての話も登場。斉藤友香は、次に歌う楽曲について「スカートを3周まわすくらいパワフルな曲」と紹介していた。
斉藤友香の言葉通り??「とびきりハッピーライフ」は、トロピカルなリズムに乗せ観ている人たちを常夏の国へ連れだす、とびきり明るくて情熱的なダンスパーティチューン。8人も腕を大きく振り回し観客たちを煽れば、フロア中の人たちも一緒に手を振り上げ、想いを一つにしていた。この曲でも、彼女たちは「輝き続ける」と、自分たちの強い気持ちを歌っていた。間奏では、メンバーたちの華やかなダンスパフォーマンスも登場。観ている人たちの気持ちも幸せな色に染めてゆく。歌詞の一節のように、この歌が、これからどんな「革命を起こして」ゆくのかを楽しみにしていたい。
「この歌は8人だからこそ楽しめるフォーメーション」と語っていたように、ライブでの一体化した姿を楽しんでいただくのは、もちろん。みなさんもフロアで自由に動けるようになったときには、両隣の人たちと一緒に同じ振りをしながら楽しんでいただきたい。
最後にコンビニ推進アイドル(仮)が披露したのが、バキバキなエレクトロでロックなダンスナンバーの「revelation」。メンバーたちは凛々しい表情で歌えば、パフォーマンスでも切れ味鋭い姿を見せていた。歌詞にも、挑む姿勢を記している。笑顔のコンビニ推進アイドル(仮)も魅力だが、この歌では凛々しい彼女たちの姿を味わえたように、「revelation」を通し、コンビニ推進アイドル(仮)が多彩な表現姿勢を持って進んでゆくグループであることを感じれた。でも、歌いながら笑顔を浮かべてしまうのも、彼女たちらしさ。このグループには、笑顔が似合う。もちろん、8人の笑顔はプライスレスだ!!!!!!!!
最後に、メンバー一人一人が、今日の感想や今後へ向けて言葉を述べていた。正直、まだまだ拙い発言のメンバーもいれば、涙を浮かべ泣きそうになりながらも必死に想いを語るメンバーもいるなど、そこからも一人一人の個性が見えてきた。気になる方は、アーカイブ配信を通して確認していただきたい。そして、「私たちの伝説をこれから作り上げていくので、応援よろしくお願いします」の言葉を、ぜひあなたも受け止めていただきたい。
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
●「プレミアム始動ワンマンライブ」配信(1/26まで購入可能・1/27まで視聴可能)
https://www.funity.jp/tickets/starman/showlist
●12月22日より、全国のローソン各店舗でアーティスト写真全8種類をランダム販売。
12/22(火)から全国のローソンでアーティスト写真を発売、
メンバー8人ランダム販売(全8種類)。
COCOAR2アプリを入れ、出てきた写真にスマホをかざすとそのメンバーのコメント動画が見れる。
COCOAR2アプリはスタンプ機能も兼ねていて、コメント動画を見るごとにスタンプがたまる。
メンバー5人のコメント動画を見ると特典獲得。
特典は「推しメンバーからあなたのためのコメント動画」。
●春沢リリな生誕祭を開催!!
1/9 春沢リリなバースデー記念
ワンマンライブ開催決定!
2021年1月9日(土)
原宿RENON
コンビニ推進アイドル 祝春沢リリなバースデーワンマンライブ
開場14:30 開演15:00
プレミアムチケット5,000円(囲みチェキ券付)
配信 2,000円
開場18:30 開演19:00
プレミアムチケット4,000円(2ショットチェキ券付)
配信 2,000円
1/9 春沢リリなデザインTシャツ販売決定
ご予約はこちら
コンビニ推進アイドル(仮) twitter
https://twitter.com/convenienceidol
葉山なつみ(タレント×モデル):
中村冬香(女優):
城内彩花(女優):
春沢リリな(新人):
斉藤友香(女優):
絃ユリナ(女優):
里実みあ(アイドル):
百海咲希(声優・アイドル):
https://twitter.com/Saki_momo_
依頼は、info@starman.co.jp へ。

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着