TK from 凛として時雨、アコースティ
ック配信ライブをクリスマスに開催決

TK from 凛として時雨の初となるアコースティック編成によるライブ配信が12月25日(金)に開催することが決定した。
12月23日(水)にツアーファイナルを迎えるBillboard Liveでの公演『TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session vol.2』の編成で行われる配信ライブとなっており、
すべての楽曲に原曲とは違うアレンジをTK自らが施し、2020年4月にリリースした最新アルバム『彩脳』からも選曲されているスペシャルセットに。なお、チケットは12月22日(火)正午から発売開始となった。
さらに、コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.が手掛ける、世の中に存在するクルマをモチーフとした楽曲をMV(ミュージックビデオ)化する「feat.CARS (フィーチャリングカーズ)」プロジェクトの第5弾にTK from凛として時雨が決定。2014年にリリースされた楽曲「Dramatic Slow Motion」を新録し「Dramatic Slow Motion(Reconstructed 2020)」として新たにデジタルリリース、MV化された。
MVはトヨタ自動車のスポンサードにより制作されたもので、GEEK PICTURESの荒伊玖磨を監督として迎え入れ、ドライブによって移ろいゆく男女の心情の機微をエモーショナルに表現した作品となっている。「Dramatic Slow Motion(Reconstructed 2020)」は12月22日(火)24:00よりYouTubeにてプレミア公開、各音楽配信ストアにてリリースされる。

荒 伊玖磨 コメント
車は点から点へ移動する単なる手段ではなく、点と点を結ぶ線だと思います。
点だけではなく、車にはその線の中にも物語があり、その物語は車でなければ体験できないからこそ、車の思い出は色濃く残るのかなと。
これはそんな思い出を進んでいくような、振り返っていくような、妄想を描いていくような映像です。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着