土岐麻子meets Schroeder-Headzが贈
る、音楽と星空のハーモニー『真夜中
のプラネタリウム-Midnight Planeta
rium Live-』レポート

真夜中のプラネタリウム-Midnight Planetarium Live- ✕ 土岐麻子 meets Schroeder-Headz

2020.12.23(WED)
まずは、何かあたたかい飲み物でも用意して、リラックスしよう。
土岐麻子meets Schroeder-Headzが贈る、“真夜中”のプラネタリウムからの配信ライブ。それは現実の世界としばし別れ、音楽と星空のハーモニーをゆったりと楽しむ至福の時間。2020年12月23日、クリスマスの季節にぴったりのスペシャルな企画だ。
オープニングを飾るのは、Schroeder-Headz。渡辺シュンスケ(Key)、玉木正太郎(Ba)、鈴木浩之(Dr)のトリオが奏でる、ジャズ/フュージョンのハイセンスな技巧と、アンビエントの心地よさを兼ね備えた、心の凝りを揉みほぐすインストルメンタル・ミュージック。
背景に流れるのは、プラネタリウムに投映された全天周映像で送る、輝くばかりの絶景だ。1曲目の優雅なワルツ「Horizon」を演奏する3人を見守るように、水の粒、樹木、草原、地平線、壮大な風景が次々と現れては消えてゆく。「Petal」では、シンプルなメロディの繰り返しがやがて大きな波になってゆくのに合わせ、壮大な宇宙の網の目が広がってゆく。フリーフォームなピアノのから始まる「Blue Bird」は、天の川の輝きをバックにして飛翔感いっぱいに。打ち込みトラックを加えたフュージョン風の「Brand New Season」は、光の輪がゆっくりと全天を覆う、幻想的なシーンと共に。
躍動感あるビートに合わせ、渡辺シュンスケが思わず腰を浮かせて笑顔でキーボードを叩いている。プラネタリウムでのライブは、以前にも経験しているSchroeder-Headzだが、バンドのメンバーと共に奏でるのはこれが初めて。とにかく楽しそうだ。
ここでもう一人の主役・土岐麻子が登場し、ピアノ伴奏のみで「名前」を歌いだす。キュートなブルーのチャイナドレス風の衣装をまとい、柔らかいのに歯切れよく、感情を露わにせずともじんわりあたたかい、魅力的な歌声が渡辺シュンスケの端正なピアノに良く似合う。
「久々の“トキシュロ”、そして私は初めてのプラネタリウムライブということで、すごく楽しみにしています」
「きみだった」は、作詞・土岐麻子、作曲・渡辺シュンスケによる、およそ5年前の共作曲。夜空に散らばる星の間、“星座のように現れた”運命の人を描くラブソングは、プラネタリウムで歌うにはうってつけの1曲だ。続く「HOME」は7月にリリースしたばかり、TVアニメ「フルーツバスケット」2nd season 第二クール オープニングテ―マ。全天を覆うギリシャ神話の星座たちと、ゆっくりと回る天の川が、はるかな地上の4人を見おろしているような、不思議な遠近感が素晴らしい。そして土岐麻子最新アルバム『PASSION BLUE』からの「High Line」は異色の曲調、エレクトロなトラックを同期させ、クールかつアブストラクトな映像のかっこよさが際立つ1曲。これまで何度もコンビでライブや楽曲制作をおこなってきた、“トキシュロ”の引き出しの多さを見せるスリリングな瞬間。
7年前のトキシュロのライブツアーでも恒例となっていたオリジナルグッズ紹介。「クリスマスプレゼントに何がほしい?」など、フリートークはやわらかくなごやかに。土岐麻子は、2021年3月6日に1年ぶりのライブを日本橋三井ホールで開催するという。悲しみの多かった2020年の思い出を、今日のライブを境に、新しい年への希望に変えてゆこう。4人の笑顔を見ていると、きっとそう言いたいのだろうなと、そんなふうに思えてくる。
クリスマスソング「December’ s Children」は、1999年にCymbalsが歌ったナンバー。古くからの土岐麻子ファンが、予想していなかったレア曲の登場に歓喜している姿が目に浮かぶ。舞い落ちる雪と、銀座の街角を再現した映像がとても美しい。そして最後は、Schroeder-Headzの最新アルバム『ゲスト・スイート』から、土岐麻子をフィーチャーした中華ディスコ・ポップ「杏仁ガール~Far Eastern tale~」。この曲は7年前のトキシュロツアーの為に生まれ、この2組のコラボでは外せない楽曲だ。背後には星空とともに、中華風ネオンサインがにぎやかに彩り、華やかに、そして艶やかにフィナーレを迎えた。
「みなさん、よいクリスマスを」(土岐)
「メリークリスマス!」(Schroeder-Headz)
およそ1時間、気心知れた関係だからこその飾らないムード、優れたミュージシャン同士のハイレベルな音の会話、そして全天を彩る素晴らしい星空と映像に包まれた、このプログラムこそが2020年のクリスマスプレゼント。12月26日(土)の22:30までしか味わえないぜいたくなひとときをぜひアーカイブで、お楽しみあれ。

取材・文=宮本英夫
土岐麻子、Schroeder-Headz

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着