新国立劇場、2020/2021シーズン オ
ペラ公演『ワルキューレ』、ダンス公
演『舞姫と牧神たちの午後 2021』の
公演実施を決定

新国立劇場は、オペラ公演『ワルキューレ』、ダンス公演『舞姫と牧神たちの午後 2021』について、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底した上で、公演を実施することを本日2020年12月25日(金)に公式サイトにて発表した。
各公演については下記のとおり。
【実施公演】
■楽劇「ニーベルングの指環」第1日『ワルキューレ』​
日程:2021年3月11日(木)~3月23日(火)
会場:新国立劇場 オペラパレス
■ダンス公演『舞姫と牧神たちの午後 2021』
日程:2021年3月26日(金)~3月28日(日)
会場:新国立劇場 小劇場

楽劇「ニーベルングの指環」第1日『ワルキューレ』  撮影:寺司正彦 
楽劇「ニーベルングの指環」第1日『ワルキューレ』は、「ニーベルングの指環」全四部作の中で群を抜いて人気が高く、単独で上演される機会も多い作品。ジークムントと双子の妹ジークリンデの禁断の愛、神々の長ヴォータンと愛娘ブリュンヒルデの永遠の別れなど、哀切に満ちた物語を甘美な音楽でドラマティックに描いている。有名な「ワルキューレの騎行」をはじめ、ジークムントの「冬の嵐は過ぎ去り」、「ヴォータンの告別」などの楽曲はコンサートで独立して演奏されることも多い。
新国立劇場では、2015年から3年間かけて上演し、明快でかつ哲学に満ちた美しい舞台と称された巨匠ゲッツ・フリードリヒの「指環」。このプロダクションを導入し自ら指揮した飯守泰次郎前芸術監督を、今回、再びオペラパレスの指揮台へ招く。出演者は、ブリュンヒルデに16年公演でも同役を歌ったイレーネ・テオリン、ジークムントには世界の歌劇場で新世代のヘルデンテノールとして活躍するキルヒ、ヴォータンに主要劇場のワーグナー公演で出演を重ねるシリンス、フリッカには藤村実穂子と、世界最高峰のワーグナー歌手が集結する。
なお、本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じた新時代の生活様式に基づいて、演出の一部を変更して上演される。
ダンス「舞姫と牧神たちの午後 2021」『Danae』  撮影:鹿摩隆司
ダンス公演『舞姫と牧神たちの午後 2021』は、日本を代表する新旧の振付家・ダンサーたちが、バレエ・コンサートのようにデュエットで競演し、観客に「ダンス」そのものを楽しんでもらう公演。新国立劇場では2003年、05年に同じ主旨で同名公演を上演した。今回は4組のデュエットに加え、05年の公演で初演された名作『Butterfly』と新国立劇場バレエ団Choreographic Group から生まれた『Danae』の2作品に、新国立劇場バレエ団のダンサーたちが出演する。

本公演に来場を予定されている方は、来場前に、新国立劇場ウェブサイトに掲載の【新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い】( https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017576.html )を必ず一読ください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着