小倉唯「声バレが怖い」私生活エピソ
ードや、佐藤拓也の声に関する悩みも
 ほろ酔いバラエティ『川柳居酒屋な
つみ』声優ゲスト回配信中

関智一佐藤拓也大橋彩香小倉唯(二次会)が爆笑トークをくり広げた『川柳居酒屋なつみ』#9がABEMAビデオ限定で配信中だ。
『川柳居酒屋なつみ』は、居酒屋の女将に扮した宇賀なつみと常連客の尾上松也が、お店に立ち寄ったゲストたちと楽しく飲みながら、ほろ酔い本音トークを交わすバラエティー。トークのお題はゲストが書いた「川柳」からスタートし、近況・やりたいこと・結婚観など居酒屋話に花を咲かせる。
声優ならではの苦労や裏話も
12月25日(金)放送回には、関智一・佐藤拓也・大橋彩香がゲストとして登場。開始早々、放送日がクリスマスということもあり、尾上が声優陣の“いい声”で「メリークリスマス」を聞きたいとリクエスト。3人のそれぞれの持ち役で美声を披露し、これには宇賀と尾上も「いい声ー!」「かっこいい!!」と絶賛。
“声だけ”で演じる難しさを感じたという尾上について話題が移ると、佐藤が「日常の中での音に関する生理現象をストックしておく」と秘訣を語ります。また、尾上の「声が大きくなってしまって内緒話が成立しない」という職業病に大橋も「わかります」と同意し、「声優同士でご飯行くとみんな声が通るからうるさくなっちゃう」と語るなど、“俳優”と“声優”の共通点に話が盛り上がる。
番組が進むにつれ、お酒も進みほろ酔いになる5人。お題「声優をやっていて良かったこと」で川柳を読むと、関がドラえもんの登場人物で自身が担当するスネ夫役について話を咲かせた。スネ夫役で心がけていることについて関が「常に意地悪であること」と明かす一方、収録現場での失態についても告白。「気のゆるみからか現場で居眠りや遅刻することが増えて」と切り出すと「収録後にしずかちゃんにご飯を誘われた。当時デートに誘われたと思ってお店に行くと、ドラえもん役の方もいて。2人の間に座らされたと思ったら遅刻などの失態に対してガチ説教を受けた」と告白し、まさかの結末に一同爆笑。続けて「ただ、あの場でしずかちゃんに『ダメよ』と言われると萌える部分も…」と発言し、尾上に「関さん、どうかしてるぜ!?」と思わず突っ込まれる一幕も。
さらに番組後半では、大橋の「声優をやっていて良かったこと」ついてエピソードを展開。声優業にとどまらず、歌手活動など声優がマルチに活躍していることについて語られると、これに対しここでも関の本心が…? 現在の声優界について関は「僕は顔に自信がなかったので、“声”で頑張ろうと思った。その中で佐藤さんや大橋さんのように顔が整った人が入ってくるから、『俺の聖域を侵しやがって』という気持ちでいっぱいです」と本音を溢し、スタジオの笑いを誘った。
二次会には小倉唯も参加、マル秘エピソードを明かす
さらにSP企画として、『川柳居酒屋なつみ』初の二次会を開催。ゲストに声優の小倉唯が加わり、酔いも回ってくると声優トークはさらにディープな展開へ。声バレしないようプライベートでは声を変えて話す小倉のマル秘エピソードや、「ごめん」と謝っただけで口説いていると勘違いされるハスキーボイスの佐藤ならではの悩みに関が思わず嫉妬…!? 声優の裏話盛りだくさんの二次会の様子は、ABEMAビデオ限定で配信中だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着