BABYMETALの推し曲まとめ!10周年を
迎え遂に紅白へ

BABYMETAL祝10周年!世界を股にかける
メタルアイドル

グループ結成10周年イヤーの真っ只中に【NHK紅白歌合戦】初出場を控えている世界的アイドルBABYMETAL。まだ幼さが残る少女達がヘビメタを歌うという斬新なコンセプトに、アイドル界に激震が走りました。
海外進出を果たしてからの人気は凄まじく、活躍の舞台はメタル界を代表するバンドのツアーのサポートアクトにも及びます。

世界中のメタルファンを虜にしてきたBABYMETALが歩んできた10年を振り返ると共に、初期の楽曲から最新曲に渡る人気曲、10選を紹介していきたいと思います。

BABYMETALとは

BABYMETAL公式ロゴ
これまでの常識を覆すアイドルBABYMETALが誕生したのは2010年のこと。学校生活とクラブ活動をテーマにした小中学生限定ユニット「さくら学園」の派生ユニット“重音部“としてスタートします。彼女達の所属事務所社員、KOBAMETALこと小林哲氏が当時から目を光らせていた中元すず香(後のSU-METAL)の歌声を聴いた際、自身が好きなメタルを起用したアイドル像にぴたりとはまった彼女をメンバーに抜擢。追加選考をするものの、中元が放つ独特な雰囲気と同等の位置に並ぶ候補がなかなか見つからなかった為に選考基準を変更し、“中元の周りを踊る天使のような子“に見合った水野由結(後のYUIMETAL。2018年10月19日に脱退)と菊地最愛(後のMOAMETAL)が選ばれました。
このユニット名は“ヘビーメタル”をもじっており、BABYが可愛さを、METALが激しさを表しています。以降BABYMETALは様々な偉業を成し遂げ、遂に2020年NHK紅白歌合戦への出演を果たすこととなったのです。現体制になってからは“アベンジャーズ“と呼ばれる3名のサポートダンサーが日替わりで加わる3人編成でパフォーマンスしています。

◎BABYMETAL略年表

・2010年、重音部として結成。単独ライブ「さくら学院祭☆2010」でファンに初お披露目。
・2011年、BABYMETALに改名。
・2012年、史上最年少で【SUMMER SONIC 2012】初出演。
・2013年、メジャーデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を発売。メタルの復興を目標とする「メタルレジスタンス」始動。
・2014年、日本武道館ワンマンライブ2DAYSを行い、女性アーティスト史上最年少記録を樹立。初のワールドツアーを遂行。レディー・ガガの北米ツアー5公演のサポートアクトに抜擢。
・2015年、イギリスの世界的ロックフェス「Reading & Leeds Festival」のメインステージに出演。
・2016年、東京ドーム2DAYSで11万人を動員。RED HOT CHILI PEPPERS、 METALLICA、GUNS N’ ROSES、KORNのツアーサポートを行う。
・2018年、YUIMETAL脱退の為、新体制となる。
・2019年、世界最大規模の音楽フェス「Glastonbury Festival」に出演。
・2020年、11カ国17公演に及ぶヨーロッパツアーを開催。結成20周年。NHK紅白歌合戦初出場。

BABYMETALメンバープロフィール

<SU-METAL>

本名:中元すず香
生年月日:1997年12月20日
出身地:広島県広島市
事務所の先輩でもあるPerfumeを輩出したアクターズスクール広島校出身。

<MOAMETAL>

本名:菊地最愛
生年月日:1999年7月4日
出身地:愛知県名古屋市
幼少期は雑誌(ちゃお)のモデルとして活動。

BABYMETALのファンからも愛される人気
曲10選

BABYMETALが世界で支持されるのは彼女達きってのチャーミングな魅力も一つですが、その他の大きな理由のとして本格的なメタルサウンドにあります。彼女達のステージには通称“神バンド“というバックバンドが付いており、どのパフォーマーも凄腕ミュージシャンばかり。吉川晃司のライブツアーに参加した青山英樹や、元FACTのドラマーであるエイジなどが変わり変わりでBABYMETALのライブを支えているのです。ライブでは演出の都合上、素顔は晒さないよう徹底されています。
アイドル×メタルが起こす化学反応を是非とも感じ取ってみてはいかがでしょうか。

イジメ、ダメ、ゼッタイ

2013年1月9日にメジャーデビューシングルとしてリリースされたBABYMETAL初期の人気曲。先日、紅白歌合戦でも披露されるとの発表がありました。現役中高生ならではの「イジメはダメ」という真っ直ぐなメッセージ。まだあどけなさが残る少女達がヘビメタ!?と世間を驚かせたのもわかります。注目していただきたいところがサビの振り付け部分。X JAPANがライブで長年行ってきた“Xジャンプ”を取り入れているではありませんか!この違和感がアイドル界を超えた人気に火をつけたのかもしれませんね。

メギツネ

デビューシングルから約5ヶ月後にあたる2013年6月19日にリリースされたセカンドシングル。バンドと和楽器を融合した日本ならではの表現に、世界を虜にする要素が盛り込まれています。歌舞伎や怪談話に幾度となく出てくる狐。その中でも優美なイメージの女狐をテーマに乙女心を歌っています。日本の名曲「さくらさくら」の一節がミックスせれるところも面白い。活動当初からKOBAMETALは、BABYMETALの海外進出を目論んでいたのでは?

BABYMETALの推し曲まとめ!10周年を迎え遂に紅白へはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着