12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と

12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と

angela、
生特番で10thアルバムの発売を発表!
atsuko × 遠藤正明による
デュエットソングも収録!?

angelaのミュージック・ワンダー★大サーカス』(以下、大サーカス)は“笑い・感動・サプライズ"の3つのテーマを掲げるエンタテインメント性の高いライヴシリーズで、12月27日(日)にパシフィコ横浜での開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し公演中止となり、ぢぇらっ子(ファンの呼称)と繋がることができる時間をなんとか設けたいというメンバーの思いから、同日同会場より『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と題した特番がOfficial YouTubeチャンネルより無料生配信された。

番組がスタートするとパシフィコ横浜国立大ホールのロビーが映し出され、赤いドレスに身を包んだatsukoとダークスーツ姿のKATSUが登場。公演が行われるはずだった会場の、なんとロビーを舞台に中継されることが発表され視聴者を驚かせた。atsukoより大サーカスの楽しさや魅力をお届けするという番組趣旨が語られ、KATSUは「初めてangelaを見てくれている方にもまずはどういうものかをお伝えしなきゃ」と意気込んだ。

テーマに沿って大サーカスを振り返るトークでは、視聴者と一緒に映像を見ながらメンバーが解説し、当時のエピソードを披露。演出や衣装、ステージセットなどを次々紹介し、事前にファンから募集したメッセージも読み上げていく。2015年公演での「愛すること」が流れると、KATSUはアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』第17話「永訣の火」を再現するかのように背景スクリーンのアニメ映像とatsukoの歌唱がリンクする、というこだわりの演出を熱く語った。そして「かくし芸」のテーマへ移ると、大サーカス恒例の曲「cheers!」の間奏でリンボーダンスや輪投げ、けん玉などの演目への挑戦が定番となっていることを紹介。ファンを楽しませることにも全力でサービス精神旺盛なangelaらしい演出だ。2017年公演でKATSUが皿回しに挑戦しているシーンでは二人が「これ武道館ですからね!」と笑いを誘うシーンも。そして記念すべき第1回の2005年、第2回の2007年公演の映像が本邦初公開!KATSUの実家から発掘された母親撮影によるVHSだという。どんな映像だったか気になる方はぜひ2021年1月3日まで公開中のアーカイブをチェック!

続いて大サーカスには欠かせないクラウン(道化師)にangelaが弟子入りする特別企画映像が流れた後は、中継に戻ってスペシャルLIVEのコーナーへ。会場のエントランスを飾る美しいステンドグラスを背景に、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、アコースティックギターという編成で「乙女のルートはひとつじゃない!」「Shangri-La」を立て続けにパフォーマンス。「Peace of mind」のイントロでatsukoは今年の大サーカス中止について何回も話し合い決断したことに触れ、「今日私はぢぇらっ子の目の前にはいないかもしれないけど、此処に居て歌を歌っています。元気でいれば絶対にまた会えます。」と前をまっすぐに向いた言葉を紡ぎ、不安な気持ちになっているファンへ大丈夫だとメッセージを伝える。そして「今日は最後まで我々はパシフィコのステージに立ちません!なぜなら、ワンマンLIVEで初めてやる時はぢぇらっ子のみんなとちゃんと声を、心を重ねて、そして私はステージの上から、みんなは客席から、同じ空間で過ごせる日まで立たないと決めました。なので今日は最後までロビーです。」とあえてロビーから生配信した理由と自分たちの決意を明かした。視聴したファンからは「ロビーからってそういう意味だったのか・・・」「客席に誰も居ないパシフィコのステージには立たないと決めてロビーでやるangelaすごくかっこいいと思う」「angelaの覚悟を聞いた時には大号泣でした」「次回こそ開催されることを祈ってます。応援してます!!!」と温かいコメントが沢山寄せられた。そして、最後の曲として初LIVEパフォーマンスとなった最新曲「叫べ」をパワフルに届け、熱く熱く盛り上げた。

番組の最後にKATSUは、コロナ禍の影響でLIVEや今後の予定の告知ができない悔しさを滲ませながらも、「大サーカスが中止になっても配信番組を楽しみにしてくれた人、待っていてくれた人・・・みんなに会いたいです!!」と大声で伝える。「必ずangelaを続けます。2021年に向けて焦らず、慌てず、諦めずという3つを心に、みんなと一緒に進んでいけたらと思っています。今日はありがとうございました!」と自分にも言い聞かせるように語った。そして、angela 10枚目のアルバム『Battle & Message』が2021年発売であること、その内の1曲がアルバムタイトルと同じ名を冠した新曲で、atsuko × 遠藤正明によるデュエットソングであることが発表された。今後明かされる詳細をお楽しみに。

本番組でangelaの音楽やメンバーの魅力はもちろん、大サーカスを知らない、行ったことがない視聴者にも大いに興味をもってもらうきっかけとなったはず。2021年1月3日(日)23:59までアーカイブ配信するので気になる方はぜひ忘れずに視聴してほしい。

【スペシャルLIVEセットリスト】
1. 乙女のルートはひとつじゃない!
※TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』オープニングテーマ
2. Shangri-La
※TVアニメ『蒼穹のファフナー』オープニングテーマ
3. Peace of mind
※TVアニメ『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』主題歌
4. 叫べ
※アニメ『蒼穹のファフナー THE BEYOND』新オープニングテーマ

【アーカイブ情報】

『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』
アーカイブ期間:2021年1月3日(日)23:59まで
※視聴無料
12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と
12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と
12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と
12月27日@『angelaのミュージック・ワンダー★生特番 ~パシフィコで会いたくて~』と
angela

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着