日本語を響かせて

宇厘の音楽を聴いていて印象に残るのは、日本語の美しさだ。見えている景色に言葉を添えていくように、丁寧に歌詞を紡いでいく。

これは作詞・作曲を手掛けるパク・チャンギが、Galileo Galileiを敬愛している影響が大きいだろう。真っ直ぐでありながら詩的なリリックは、共感覚で風景を掬うように情景を描いていく
また、シンプルかつクリーンなサウンドも彼らの特徴のひとつ。だからこそ、ボーカルの柔らかい声質を最大限に活かすことができるのではないだろうか。

先日配信が開始された「楽」は、宇厘にとって初となるデジタルシングル。ゆらゆらと揺れる音像と美しい日本語が、ゆったりとしていて心地よいナンバーだ。

宇厘 アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着