BO NINGEN、最新アルバム国内盤ボー
トラに食品まつり、Danalogue、ENAに
よるリミックス/リワーク収録

BO NINGENが1月20日(水)にリリースする最新アルバム『Sudden Fictions』国内盤のボーナス・トラックが発表された。

ロンドンを拠点とする、Taigen Kawabe(Ba. / Vo.)、Yuki Tsujii(Gt.)、Kohhei Matsuda(Gt. / Syn.)、Akihide Monna(Dr.)の4人からなるBO NINGEN。およそ6年ぶり、通算4作目のアルバムとなる本作には、RadioheadやBeck、Charlotte Gainsbourgなどの作品のエンジニアを務めているDrew Brownがプロデュースを担当。リード・シングル「Minimal」にはPrimal ScreamのBobby Gillespieがスペシャル・ゲストとしてボーカルで参加している。
日本盤のみのボーナス・トラックにはTaigen Kawabeと共にユニット・KISEKIとしての活動でも知られる食品まつり a.k.a foodman、現行UKジャズの中心人物・Shabaka Hutchings率いるThe Comet Is Comingのシンセ奏者・Danalogue、ドラムンベースから派生した独自の音楽で国内外問わず高い評価を受けるDJ/プロデューサー・ENAの3者によるアルバム収録曲のリミックス/リワークの収録が決定した。
食品まつり a.k.a foodman
Danalogue Photo by Anna Mitchell
ENA Photo by Jimmy Mould


【リリース情報】

BO NINGEN 『Sudden Fictions』

Release Date:2021.01.20 (Wed.)※
Label:P-Vine
Tracklist:
1. You Make A Mark Like A Calf Branding
2. AKA
3. Silenced
4. Zankoku
5. Minimal
6. Kyutai
7. Kuzurenai
8. B.C
9. Riff
10. B.C (Foodman Remix)*
11. Minimal (Danalogue Rework)*
12. Minimal (ENA Rebuilt)*

*日本盤ボーナス・トラック
※日本盤には歌詞付属
※2020年12月25日(金)配信

■ BO NINGEN オフィシャル・サイト(http://boningen.info)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着