フォークシンガーの南正人、
ライヴ中に急死

フォークシンガーの南正人が1月7日に横浜市内のライヴハウス・THUMBS UPでライヴ中に意識を失い、亡くなったことが分かった。76歳だった。

訃報は南のライヴスケジュールを告知するFacebookのアカウントで明らかになり、「悲しいお知らせをしなくてはなりません。ナミさんは今夜、ライブ中に意識不明になり病院搬送され家族立ち会いの元死亡が確認されました」「ステージ上でもう息は引き取っていたそうです」と報告している。

南は1944年(昭和19年)に生まれ、東京外語大外国語学部スペイン語科在籍中の64年に大学を休学し、メキシコを経てアメリカ、ヨーロッパ各地を2年間旅した。ボブ・ディランと出会ったことを機に帰国した後、遠藤賢司らとフォーク集団“アゴラ”に参加。69年には初シングル「ジャン/青い面影」をリリース。サンバやレゲエなどを日本でいち早く取り入れた音楽家とも言われ、71年にリリースした初アルバム『回帰線』は忌野清志郎、泉谷しげるら多くのミュージシャンに影響を与えた。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着