内博貴主演の舞台『ドクター・ブルー
』 松任谷由実の「ノートルダム」が
テーマ曲に決定

2021年1月23日(土)~2月7日(日)横浜・KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>、2月13日(土)~ 14日(日)名古屋・御園座、 2月26日(金)~28日(日)大阪・NHK大阪ホールにて、「舞台『ドクター・ブルー』 ~いのちの距離~」が上演される。この度、本公演のテーマ曲が決定した。
緊急を要する病気と闘う医者たちは、「ドクター・ブルー」と言われている。本作品は、突如として猛威を振るい始めた未知の感染症に挑む感染医や若き医師(=「ドクター・ブルー」)、様々な立場の医療従事者の日々の葛藤や奮闘ぶりを中心に、感染症に罹患した人々、そして彼らを取り巻く家族や市井の人々の姿を描くと共に、いのちの大切さ、感染症予防に対する 新たな生活様式、これまでの平穏の生活を取り戻すための希望を模索する様子をシミュレーションし、医学博士の北村義浩氏に医療監修してもらい書き下ろされた、医療ヒューマンドラマだ。
出演は、感染症のスペシャリストとして常に冷静な判断をする主人公の感染医役に内博貴。そして、松下優也、室龍太(関西ジャニーズJr.)、吉倉あおい、天宮良、高島礼子ほか。さらに麻実れいも特別出演する。
そして、作品の上演を通じ、感染症と闘う医療従事者や感染症に罹患した人々、そしてその家族の皆様にエールを贈るため、テーマ曲に松任谷由実の楽曲「ノートルダム」(ニューアルバム『深海の街』より)が決定した。
本公演は、2020年12月下旬より、新型コロナウイルス感染症対策を行いながら、舞台稽古をスタート。出演者、スタッフ、一丸となって、「コロナに負けない!」、そして、すべての皆さんにエールを届けるよう、上演に向けて全力で取り組んで参ります、とのこと。
なお、2021年1月7日に日本政府より発令をされた「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」に伴い、内容を鑑みた上で主催にて本公演に関して対応策を講じていく。その対応策に関しては、改めて本公演公式サイト及び公式Twitterにて発表するそうだ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着