変態紳士クラブ・VIGORMAN、最新EP『
ROKUDENASHI』からDr.BEATZプロデュ
ース曲「Woh!!」MV公開

変態紳士クラブのメイン・ボーカルも担当するレゲエ・ディージェイ、VIGORMANが11月20日(金)にリリースした2nd EP『ROKUDENASHI』より、「Woh!!」のMVが公開された。
「Woh!!」は日本とジャマイカを行き来するプロデューサー・Dr.BEATZが手がけたダンスホール・トラックが印象的なナンバー。MVはTakuya Setomitsuが監督を務め、これまでにないミステリアスなストーリーと、トラックに合わせた疾走感が交わった映像に仕上がっている。
VIGORMAN

1stアルバム『SOLIPSISM』以来、およそ1年3ヶ月ぶりとなる本作には、同じく変態紳士クラブの一員としても知られるGeGが手がけた楽曲3曲と、Dr.BEATZによる楽曲2曲の合計5曲を収録。レゲエならではの反骨メッセージを歌ったワンドロップ・レゲエ楽曲「Pray For My Country」には、ギターにEarl “Chinna” Smith、サックスにDean Fraser、ミキシングにSteven Stanleyといった、レゲエ史にその名を残す伝説的アーティストたちが参加している。

なお、2021年もVIGORMANはソロ活動と変態紳士クラブの活動など精力的に活動していくとのこと。今後もその動向に注目したい。
【リリース情報】

VIGORMAN 『ROKUDENASHI』

Release Date:2020.11.20 (Fri.)
Label:TOY’S FACTORY
Tracklist:
1. ろくでなしの唄 (Prod.GeG)
2. Woh!! (Prod.Dr.BEATZ)
3. Serotonin (Prod.GeG)
4. 走馬灯 (Prod.Dr.BEATZ)
5. Pray For My Country (Prod.GeG)

■VIGORMAN: Twitter(https://twitter.com/vigorman_info) / Instagram(https://www.instagram.com/vigor_insta/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着