ミュージカル『魔女の宅急便』の上演
が3月に決定 キキ役は井上音生、ト
ンボ役は那須雄登(美 少年/ジャニー
ズJr.)

2021年3月25日(木)より、新国立劇場中劇場にて、ミュージカル『魔女の宅急便』が上演されることが決定した。
原作「魔女の宅急便」は児童文学作家・角野栄子が 1982年〜2009年の27年間に渡り執 筆した全6巻の児童書で、1989年にスタジオジブリが宮崎駿監督でアニメーション映画化し大ヒットしたことで、日本のみならず世界的に有名な作品となった。1993年~1996年には蜷川幸雄演出のもとミュージカル化され、2014年には実写映画化、2016年には海外イギリスでも上演された。
そして2017年、岸本功喜の脚本による新演出のミュージカル版が誕生。キキ役に上白石萌歌を迎え、若手新進気鋭の制作チームにより上演された本作は即日ソールドアウトし大きな話題となった。翌2018年には、キキ役に福本莉子で再演され、再びの連日大盛況。そして今年3月、本ミュージカルが新たなキャストを迎え、3年ぶりに帰ってくる。
(左から)那須雄登、井上音生
今回キキ役に抜擢されたのは、2016年 第8回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞した井上音生。2018年に映画『嘘を愛する女』で女優デビューし、2019年には『魍魎の匣』で初舞台、本作品がミュージカル初挑戦となる。さらに、キキの相手役となるトンボ役には、ジャニーズJr.の美 少年のメンバーとして活躍する那須雄登が抜擢された。昨年は、ドラマ『姉ちゃんの恋人』(関西テレビ)にも出演するなど俳優としても活躍の場を広げており、本作品は所属事務所公演以外の作品では初出演となる。
また、キキの母である“コキリ”役には、2017年NHK連続テレビ小説『ひよっこ』や映画などで活躍する生田智子、キキの父“オキノ”役は、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)のうたのおにいさんとして歴代最長出演記録を持つ横山だいすけ、キキが居候するコリコの街のパン屋のおかみさん“おソノ”役は、元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役の白羽ゆり、おソノの旦那さん“フクオ”役には、お笑いコンビ・ライセンスの藤原一裕が、前作に引き続き出演し、フレッシュな2人を盛り上げる。
【ストーリー】※原作より
13歳になった魔女のキキ(井上音生)は、古くから伝わる習わしにのっとり、相棒の黒猫ジジと共に満月の夜に旅立つ。自分で新しい町を見つけ、一年後には自力で暮らせるようにならなければいけないが、空を飛ぶ魔法しか知らないキキは、新しい町コリコでも様々な壁にぶつかる。皆が家族同然の小さな街で育ったキキは、大きな町での価値観の違いに驚き、また魔女であることに対する好奇の目や偏見にも苦しむ。自分という小さな存在に葛藤しながらも、飛ぶことに憧れる少年トンボ(那須雄登)との交流や、パン屋のおソノさん(白羽ゆり)に励まされながら、思春期の少女は少しずつ成長していく。おソノさんの提案で飛べることを生かしお届けもの屋さんを始めたキキだが、なかなかうまく町に馴染むことができない。何かとちょっかいを出してくるトンボへの淡い恋心も、まだまだ子どものキキにはその気持ちを整理することができない。そんな中、町長からある依頼がくる。それは町の一年で一番大きな行事に関わる重要な仕事。 キキは無事にその依頼を果たせるのか。
そしてトンボとの淡い恋の行方はどうなっていくのか?!

井上音生 コメント
前作(2018年)の舞台を観て、感動し、泣いたのを覚えており、その時から私もキキを演じてみたいと思っていました。
今回、その想いが実り、キキ役のお話を頂けてとても嬉しかったです。
キキは魔女ですが、普通の女の子と同じところも多く、共感できると感じています。ミュージカルは初挑戦ですが、私もキキと一緒に成長できればと思っています。
那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.) コメント
ジャニーズ公演以外の作品への出演が初めてでグループのメンバーもいないので、不安や緊張はありますが、とても楽しみです。
僕が演じるトンボは好きな事に真っすぐな性格が魅力なので、自分なりのトンボを演じていけたらと思っています。
『魔女の宅急便』は大人も子供も心が温まる作品だと思います。
お客様が劇場にきて良かったと思えるような作品にできるように頑張ります。
原作者・監修/角野栄子 コメント
「魔女の宅急便」(福音館書店)
ーーキキ(井上音生)、トンボ(那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.))の印象
キキ役の井上さん。きれいな眼差しの中にしっかりとした少女の意思を感じます。
まるで旅立つ前のキキのよう。
トンボ役の那須さん。夢を追う純粋な姿はトンボさんそのもの。舞台上ではどんな顔をみせてくれるのでしょう?
ーー再々演が決まってのお気持ち
この魔女の宅急便のミュージカルは今年で4年になります。
初々しいキキとトンボさんとともに、今年も新しい役者さんたちが、コリコの町を飛び回ります。
そして、やさしさをお届けします。
大切な人々に、明るい明日がきますように。
世界中の人々に、明るい明日がきますように。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着