主演の佐藤永典が囚人姿に 塩田康平
脚本・演出舞台『監獄REQUIEM』のキ
ービジュアルが公開

2021年2月3日(水)より新宿村LIVEにて上演する、舞台『監獄REQUIEM』のキービジュアルが公開された。
本作はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなど、人気2.5次元作品に長きにわたり出演をし、音楽では俳優の山口賢人と共にロックバンド『BUCKS』としても活動し、春にはミュージカル『GOYA-ゴヤ』(演出:鈴木裕美)“ゴドイ”役での出演も決まっている塩田康平が初の作・演出を手掛け、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで共演をしていた坂本康太が、初の舞台プロデュースを行い制作している作品。
音楽には演出の塩田康平自身も属する『BUCKS』が参加し、BUCKS(Kent Yamaguchi)、山口Familiar(yuto)、山口紗貴が手掛ける全て書き下ろしの音楽にも要注目。“人は皆、何かに縋っても良いのだ”というメッセージをテーマとしていて、今の世界の状況にも通じるものもある物語となっている。
現在一般発売中で、新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、開演時間も一部変更となっている。
■あらすじ
20xx年 日本。
政権の腐敗、広がるスラム街、新たなウイルスの蔓延、世界は混沌に包まれている。
唸るサイレン、響く怒号、暗闇に座る青年アキラ。
微笑む唇、瞳の奥には確固たる意思。
アキラが捕縛され物語は動き始める。
彼の目的は1つ、それは、特殊監獄ペンタゴンに囚われた囚人ニーナとの脱獄。
しかしアキラ、ミロク、ニーナ、看守ケイト、看守長オオタニの思惑が交差。
物語は思わぬ方向へと進行する
人の死を憂い、愛に嘆き、信念に向かい突き進む。
最後に人がすがるものとは…。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着