▶

音楽モチーフがよく使われるファッシ
ョンブランド5選

ピアノの鍵盤柄や五線柄、音符柄など、アクセントに音楽モチーフを使ったファッション。音楽を愛する人なら、ちょっと取り入れてみたいと思うのでは? ということで今回COSMUSICA編集部では、音楽モチーフをよく用いているファッションブランドを調査しました。

調査する中で、音楽モチーフはやはり子供服が多く、女性もの偏重の傾向にあることを実感しました。本記事で取り上げるのも全て女性用で、半分は子供服メーカーです。男性ものということでいえば、ネクタイは様々な音楽系のパターンがありますし、タイピンやカフスボタンも見受けられます。(でも鍵盤柄のドレスシャツとか、メンズでもレディースでもかわいいと思うな〜! という編集部員の心の声)
なお、服はトレンドが短いスパンで変わることもあって、ずっと同じ商品の在庫をストックすることはあまりありません。そのため今回ご紹介するブランドも、いつでも必ず音楽モチーフを使った商品があるというわけではないことをご了承ください。
音楽モチーフがよく使われるブランド
axes femme(アクシーズファム)
メルヘンな世界観で人気の、成人婦人服から子供服まで手掛けるブランドです。数年前に出ていた大人用の鍵盤柄のスカートが評判でした。現在販売されている音楽ものですと、こちらの子供用のワンピースがあります。猫ちゃんと鍵盤は相性抜群の組み合わせです!
︎ axes femme 公式通販
出典:axes femme 公式通販
MOO NON NON(むーのんのん)
子供服のメーカーです。音符柄が人気シリーズで、トレーナーは学校に着ていけそうですし、こちらのワンピースはピアノの発表会でも使えそうです。またお稽古バッグや上履き入れなどのラインナップも嬉しい!
︎ moo non non 楽天市場
出典:moo non non 楽天市場
mezzo piano(メゾピアノ)
こちらも子供服のブランドですが、この名前ですからそりゃあ音楽モチーフを使わない手はありません。かわいさ安定供給という感じです。今は在庫切れの様子ですが、キーボード柄の靴下やバッグなどの小物も飛びぬけにラヴリーです。
︎ mezzo piano 公式通販サイト
出典:NARUMIYA ONLINE
abilletage(アビエタージュ)
おとなのロリータ服を手掛けるブランドで、ラフォーレ原宿に店舗があります。現在販売中のこのストールでしたら、ロリータファッション以外にも取り入れられそうです。インパクトは強いですが、人目をひくよいアクセントになりますね!
︎ abilletage オンラインショップ
出典:abilletage オンラインショップ
Miss Patina(ミス・パティーナ)
最後に海外メーカーですが、ロンドンのブランドをご紹介します。定期で音楽モチーフのワンピースやブラウス、スカートが出てくるので見逃せません! 2020A/Wは襟または裾が鍵盤になっているワンピースが出ていて、こちらは成人用も子供用も展開があります。送料と日数はかかりますが、通販で日本からも購入可能です。
︎ Miss Patina
出典:Miss Patina
そのほか
ハンドメイド販売サイト
minne(ミンネ)や Creema(クリーマ)といった、ハンドメイド作品を販売・購入出来るサイトでは、個人の作家さんが作った音楽モチーフのお洋服や小物を見つけることができます。これが思いがけず種類が豊富! 一点ものだったり、数量限定で販売されているので、人とかぶらないアイテムが手に入ります。
ファッションでも音を楽しむ
2020年はおしゃれマスク元年でもあります。島村楽器などの楽器店では音楽モチーフのマスクが販売されています。服に取り入れるのはちょっとハードルが高いと感じる方でも、小物だと取り入れやすいですね。
【ファンシーコーナー】
新型コロナウイルス対策として、マスクが必需品ですね♬
島村楽器広島府中店に可愛いマスクが入荷しております。
可愛いマスクをつけて、気分上げて皆様乗り越えましょう! pic.twitter.com/6ysnnAxaAj
— 島村楽器 イオンモール広島府中店 (@shima_hr_fuchu) December 29, 2020
演奏会は演奏会でそれに適した服装がありますが、今回は日常で身にまとえる音楽を探してみました。おうち時間を充実させる一貫として、お洋服でテンションを上げるというのもよいアイディアですね。
もし音楽要素が好きなデザイナーさんやブランドなどの情報がありましたら、子供服婦人服紳士服の別を問わずぜひ編集部までお知らせください♪(本文中の情報は2021年1月現在のものです)

アーティスト

COSMUSICA

演奏家向けトピック、クラシックのいろは、芸大/音大受験まで、クラシックをより身近に感じてもらうためのコラムサイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着