メーテル役・池田昌子が場内影アナを
担当 『銀河鉄道999 シネマ・コンサ
ート』2月開催、公式インタビューも
到着

2021年2月6日(土)に東京、2月11日(祝・木)に大阪で開催される『銀河鉄道999 シネマ・コンサート』の会場内で流れる場内アナウンスを、メーテル役の声優・池田昌子が担当することがわかった。この影アナが聴けるのはコンサート会場のみとなる。
場内アナウンスの収録は年明け早々、都内のスタジオで行われた。収録の合間を縫って、メーテル役の声優・池田昌子による動画も公開された。
メーテル役:池田昌子からのコメント
また、池田昌子がナレーションを担当するコンサートのティザー動画も公開されている。
ティーザー(ナレーションby メーテル役:池田昌子)
【公式インタビュー】池田昌子
池田昌子
池田は「今もなお、彼女とともに生きている感覚です」と当時を思い起こす。
「自分の分身、私の一部。我が子、我が親という肉親に近い存在ですね」。メーテルについて、池田はそう話す。「何十年も経っているのに、当時と同じ温度感で今も一緒にいる。もちろん、近くには鉄郎もいるイメージです」。鉄郎役の声優、野沢雅子が「メーテル!」と発したら、何の違和感もなく即座に、メーテルとして「鉄郎ちゃん」と応えてしまうくらい。「セリフも作られたものとは思えなかった。鉄郎が隣にいると思うと、自然に口をついてくるようでした」
メーテルは母性をまとい、長いまつげに憂いをたたえて、それでも毅然とした姿も見せる。「永遠の命を得た機械化人」と「限りある命の人間」の間でアイデンティティが揺れ動くような謎めいた存在だ。
池田は、メーテルを「自分との境目がない」ほど身近な存在と思う半面、演じるのは困難だったと振り返りる。「機械化人の側面もあるけれど、非人間的ではなく、かといって、生身の普通の女性でもなく、神のような特別な存在でしょう。生きた感情が乗ったセリフになっているか、それが見る人たちに伝わっているのか。反省の連続でした」。メーテルの体の中から立ち上がってくるオーラ、呼吸、笑い、涙……。そうしたものを全身全霊で受け止め、愛情をこめて、どのように彼女の声として発すればいいのかを考え続けたそうだ。「彼女が好きだったし、難しかったし、怖かった。今でも未完成のままだと思います」。
「永遠の命を得よう」と志を抱いた少年が「999」で宇宙を旅する間に、大切なことに気づく物語は、単なるアニメの枠に収まらない、と池田。「この作品には、ひとつの大きな世界観があり、人が生きる、ということをめぐる奥深いドラマになっています。人間の心をとても大事に描いています」とかみしめるように話した。
音楽は池田にとっても深く印象に残っているようで「999の音楽の力はすごいと思います。冒頭の曲が聞こえてくるだけで、もう、ときめくのです。ドラマの呼吸が深々と染みこんできます」とその素晴らしさを称える。
シネマ・コンサートは、『劇場版 銀河鉄道999』のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをオーケストラが本編の上映に合わせて演奏する形式。音楽は、テレビ版(1978年9月放送開始)に続いて青木望が担当。
また、主題歌を歌ったゴダイゴのタケカワユキヒデもゲストで参加しオーケストラと共に生歌唱を披露する。演奏陣はオーケストラに、バンド、女性ヴォーカル、コーラスも加わった編成となる。
東京公演のコンサート実施にあたっては1月7日に政府より発出された緊急事態宣言及び東京都のイベント開催制限に沿い、客席収容率50%以下で開催する。公演の前売券はイープラスにて発売中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着