誰かを思う歌を

“好きなことを仕事にするか否か”は、いつの時代も絶えることのないトピックだ。多くの若者がこの難問に向き合い、悩み、結論を出して大人になっていく。ラッパー・シンガーであるgbは、そんな葛藤と戦いながらも音楽を続けているひとりだ。

Kool&TheGangのジョージ・ブラウンを父親に持ち、幼い頃から音楽と共に生きてきた彼。当たり前のように音楽を好きになり、成人を迎える頃にはプロとして活動を始めた。しかし、仕事にすることで新たに見えてくることもある。「音楽が嫌いになる」と思ったとき、gbを支えたのはファンの声援だった。自分のために音楽を始めた少年は、多くの人を幸せにするために歌うシンガーとなったのだ。だからなのか、彼の作品にはとても血が通っている。ただ単に歌唱力だけでは片づけられない寄り添った歌声が、最大の魅力なのではないだろうか。

「a really BAD DAY」は、毎月連続リリースの20作目となる楽曲。しっとりしたギターとチルアウトなボーカルが、ほっと一息つかせてくれるナンバーだ。この曲を聴くことで、ついていない自分を受け入れて許してあげてほしい。2月にはフルアルバムのリリースも予定しているので、そちらも楽しみに待ちたい。

gb アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着