『第75回毎日映画コンクール』大賞は
長澤まさみ主演・大森立嗣監督『MOT
HER マザー』 主演賞の森山未來・水
川あさみほか各賞を発表

1月22日(金)、『第75回毎日映画コンクール』の受賞作品と受賞者が発表された。

『毎日映画コンクール』は、1946年に創設された、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社が主催する映画賞。第75回の日本映画大賞に輝いたのは、大森立嗣監督の『MOTHER マザー』が受賞している。また、日本映画優秀賞は『アンダードッグ』(武正晴監督)が獲得。同作は、男優主演賞の森山未來、撮影賞の西村博光氏、録音賞の藤丸和徳氏・瀬川徹夫氏と合わせ、最多4冠に輝いている。
(c)2020「アンダードッグ」製作委員会
女優主演賞は『喜劇 愛妻物語』の水川あさみ。男優助演賞には『罪の声』の宇野祥平、女優助演賞には『朝が来る』の蒔田彩珠が受賞している。『朝が来る』は、監督賞の河瀬直美氏と合わせて2冠を獲得している。また、『許された子どもたち』の上村侑、『37セカンズ』の佳山明には、スポニチグランプリ新人賞が贈られることに。田中絹代賞は梶芽衣子が受賞した。
脚本賞は『一度も撃ってません』の丸山昇一氏、美術賞は『ばるぼら』の磯見俊裕氏・露木恵美子氏、音楽賞は『ミッドナイトスワン』の渋谷慶一郎がそれぞれ受賞。アニメーション映画賞は『魔女見習いをさがして』(佐藤順一、鎌谷悠監督)、大藤信郎賞は『音楽』(岩井澤健治監督)、ドキュメンタリー映画賞は『れいわ一揆』(原一男監督)がそれぞれ受賞した。
外国映画ベストワン賞は『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)。特別賞は昨年亡くなった大林宣彦監督の妻で、映画プロデューサーの大林恭子氏に贈られる。
映画ファンが選ぶTSUTAYAプレミアム映画ファン賞・日本映画部門は『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)、同外国映画部門は『TENET テネット』(クリストファー・ノーラン監督)に与えられる。
なお、『第75回毎日映画コンクール』表彰式は、東京・めぐろパーシモンホールで2月17日に開催される予定だ。

受賞結果一覧は以下のとおり。
第75回毎日映画コンクール 受賞結果
日本映画大賞 『MOTHER マザー』(大森立嗣監督)
日本映画優秀賞 『アンダードッグ』(武正晴監督)
外国映画ベストワン賞 『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)
男優主演賞 森山未來『アンダードッグ』
女優主演賞 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』
男優助演賞 宇野祥平『罪の声』
女優助演賞 蒔田彩珠『朝が来る』
スポニチグランプリ新人賞(男性) 上村侑『許された子どもたち』
スポニチグランプリ新人賞(女性) 佳山明『37セカンズ』
監督賞 河瀬直美『朝が来る』
脚本賞 丸山昇一『一度も撃ってません』
撮影賞 西村博光『アンダードッグ』
美術賞 磯見俊裕、露木恵美子『ばるぼら』
音楽賞 渋谷慶一郎『ミッドナイトスワン』
録音賞 藤丸和徳、瀬川徹夫『アンダードッグ』
アニメーション映画賞 『魔女見習いをさがして』(佐藤順一、鎌谷悠監督)
大藤信郎賞 『音楽』(岩井澤健治監督)
ドキュメンタリー映画賞 『れいわ一揆』(原一男監督)
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞・日本映画部門 『ミッドナイトスワン』
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞・外国映画部門 『TENET テネット』
田中絹代賞 梶芽衣子
特別賞:大林恭子(映画プロデューサー)
(敬称略)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着