仲村宗悟

仲村宗悟

【仲村宗悟 インタビュー】
より仲村宗悟というものを
感じてもらえる作品にしたかった

TVアニメ『スケートリーディング☆スターズ』のED主題歌となる3rdシングル「JUMP」は、さわやかかつアッパーな世界観が心地良い一曲。さらに、カップリングに自身が作詞作曲を手がけた2曲が収録されていることも注目だ。

今まで書いたことがなかったから
タイアップ曲の歌詞に挑戦したかった

「JUMP」はTVアニメ『スケートリーディング☆スターズ』のED主題歌ですが、曲を作るにあたってアニメサイドから要望などはありましたか?

アニメのエンディング曲というとテンポが遅くて、柔らかい感じのものが多いじゃないですか。でも、『スケートリーディング☆スターズ』はスポーツアニメなので、それにとらわれずに疾走感があるものというリクエストが、アニメサイドからあったんです。それを受けてスタッフさんが何人かの作家さんと話をして、10曲くらい候補があがってきたんですね。どれもクオリティーが高かったけど、その中でも特に片山義美さんが書かれた曲はメロディーが強くて、サビも覚えやすいキャッチーさを持っていたんです。それが「JUMP」のデモで、迷わずに僕は“この曲でいきたいです!”と言いました。

華やかな曲で、アニメのエンディング曲のイメージを変える一曲になるかもしれませんね。「JUMP」の歌詞についても話していただけますか。

デモの段階では片山さんが書いた仮歌詞が乗っていたんですけど、せっかくだから自分で書きたいと思ったんですよね。僕は今までアニメタイアップ曲の歌詞を書いたことがなかったから、それに挑戦したかったんです。なので、“書かせてください”とお願いをして、『スケートリーディング☆スターズ』の設定資料やキャラクター資料とかを読み込ませてもらい、そういったことを噛み砕いた上で歌詞を書きました。“人生はいいことばかりじゃないから、そこから脱却していこう”ということがテーマになっていて、サビの締め括りが《可能性のその先へ/手を伸ばしたら/夢に指先が触れた気がした》と歌っていることが自分の中ではポイントです。“触れた気がした”というだけで、別に夢を掴んだわけではないんですよ。でも、可能性に触れられた気がした瞬間というのはすごくワクワクするし、人はそこから一番伸びると思うんですね。「JUMP」はそのスタート地点に行けることが何よりも大切なんだということを歌っています。メロディーの強いサビパートはそれがより際立つように、あえて分かりやすい言葉をハメました。

サビのメロディーと言葉のマッチングが絶妙で、一度聴くと覚える、歌いたくなる曲に仕上がっていますよ。それに、“お前ら、頑張れよ!”と上から目線で言うのではなく、“一緒に頑張ろうぜ!”というスタンスなのがいいですね。

確かにそういう目線で書いたかもしれないです。“世の中はこういうもんだから、こうしろよ”というような姿勢では書きたくなかったんです。実際、僕自身がまだまだ夢を追っている途中ですし。あと、Dメロの《子供の頃に描いてた未来が/今は全然違ってたとしても/それは逃げじゃない特別な何かを/新しく見つけたんだよ》というのは、自分の実体験を当てはめています。子供の頃って夢がいっぱいあるじゃないですか。サッカー選手になりたいとか、宇宙飛行士になりたいとか。大人になった自分が子供の頃に思っていた姿とは全然違っていたとしても、それは夢から逃げたということではないんですよね。生きている中で自分がどんどんアップデートされていって、そのベストの状態が今の自分だと思うんですよ。そういうことも書きたかったんです。

人生というのは“なりたい自分になれなかった=負け”ではないですよね。もうひとつ、タイトルの“JUMP”という言葉が最後に一回出てくるだけというところにもセンスの良さを感じます。

ありがとうございます。意識してそうしました。この曲は“今、ジャンプしよう!”ではなくて、ジャンプできる可能性の入口を見つけたということを歌っているんですよ。つまり、ジャンプするのはこれからなんです。だから、サビで“JUMP”という言葉を繰り返したりするのは僕の中で違っていて、最後に持っていきました。その上で、インパクトがあり、ポップな言葉ということでタイトルを“JUMP”にしたんです。

タイトルのつけ方にもスタイルを持たれていることがわかります。では、「JUMP」のレコーディングはいかがでしたか?

この曲の歌は抑揚を意識しました。歌詞前半は自分の中でまだモヤモヤが晴れていない状態を描いているので、明るい曲調だからといって最初からガンガンいくんじゃなくて、抑えるべきだと思ったんです。固まっている状態から始まって、サビに向かって開けていく流れにしたいなと。あとは、“これまで何回も落ち込んできただろう? いけるんだよ、俺は”という気持ちを入れ込みたかった。だから、自己啓発に近いですよね。レコーディングの時は、そういうことも意識して歌いました。

ウォーム&エモーショナルな歌でいながらナヨナヨしていなくて、男っぽいところが魅力になっています。それに、歌のハーモニーが多いことも特徴になっていますね。

ハーモニーはアレンジャーの村山☆潤さんが考えてくれました。いつもそうですけど、潤さんが書くハーモニーは難しいラインが多いんですよ。ハモりのパートはレコーディングの現場で“一回聴かせてください”といって流してもらって歌うんですけど、この曲は“ムズッ! もう一回聴かせてください。もう一回!”みたいな(笑)。一般的な3度のハモリとかではないメロディーで上に行ったり下に行ったりするんですよ。でも、歌入れには時間がかからなかった気がします。

本当ですか? やりますねぇ。

いやいや(笑)。今までずっと耳コピしてきた経験が活きた気がしますね。いろんな曲を耳コピして、ギターで起こしてみたりしてきたので。だから、耳が鍛えられているし、常にそれをレベルアップさせようと思っているんですよ。それもあって、メロディーを覚えるのはわりと得意なんです。
仲村宗悟
シングル「JUMP」【初回限定盤】(CD+Blu-ray+フォトブック)
シングル「JUMP」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着