1月22日~3月7日で開催中!
(C)和月伸宏/集英社

1月22日~3月7日で開催中!
(C)和月伸宏/集英社

「るろうに剣心」25周年を記念した初
の大規模作品展、その全貌に迫る

1月22日~3月7日で開催中!(c)和月伸宏/集英社(c)和月伸宏/集英社 1994~99年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された和月伸宏氏の大ヒットコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」誕生から25周年という節目の年を記念した展覧会「25周年記念 るろうに剣心展」の内覧会が1月21日、東京ドームシティ Gallery AaMoで行われた。
 「25周年記念 るろうに剣心展」は、剣心をはじめとした魅力的な登場人物たちの軌跡を、200点を超える直筆原稿やカラー原画などを通じて振り返る同作初の大規模作品展。この展覧会はもともと2020年春に予定されていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により会期は延期。このたびついに1月22日からの開幕となった。新会期では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、1日あたりの入場者数を制限。完全日時指定制でのチケット販売となる。展示エリアでは、場内はスマホ、携帯などであれば撮影可能(一部展示・映像作品などを除く)。往年のファンはもちろんのこと、新規ファンにも興味深い内容となっている。
(c)和月伸宏/集英社 入り口は障子造作に囲まれたスクリーンを設置したシアター。そこではおよそ3分間ほどの特別映像が上映され、物語の名シーンや、人気キャラクターたちが次々と登場。来た早々に、来場者を物語の世界へと誘ってくれる。
(c)和月伸宏/集英社 本展覧会の注目のポイントは、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」から、現在連載中の続編「北海道編」に至るまでに描かれた原画の数々。「仲間とは」「正義とは」「強さとは」「命とは」「幸せとは」という、作品を知る上で欠かせない5つのキーワードに合わせて原画を展示。ところどころで劇中の名シーン、名セリフをモチーフとしたパネルなどのコラージュをディスプレー。さらに和月氏がそのシーンに込めた制作意図を記したひと言メモも各所で掲示するなど、作品の世界観を深く知ることができる。さらに、本展限定のオリジナル映像や、作者の創作メモ・設定資料なども公開。和月氏がいかにしてアイデアを練り、そして1本の作品に仕上げるのか、その過程を知ることもできるのも興味深い。
(c)和月伸宏/集英社 また、本展覧会の開催を記念して、和月氏が新たに手がけた新作ネーム「逆刃刀 初撃」も展示。こちらは、維新志士から抜ける決意を固めた剣心が、初めて逆刃刀に出会い、初めてその刀を振るうことになるさまを描き出した物語となる。また2月11日からは、岐阜県関市の無鑑査刀匠・尾川兼國氏が、作品を元に刀剣として作りあげた剣心の愛刀「逆刃刀・真打」も特別展示される予定となっている。
(c)和月伸宏/集英社 佐藤健主演の実写化映画作品も話題を集めた「るろうに剣心」。今年はシリーズ最終章となる「るろうに剣心 最終章 The Final」(4月23日公開)、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」(6月4日公開)の公開も予定されているが、会場では実際に使用された衣装も特別に展示されている。
 展覧会「25周年記念 るろうに剣心展」は1月22日~3月7日(※完全日時指定制。会期中一部作品に展示替えあり。2月11日より後期展示)に東京ドームシティ Gallery AaMoにて開催(東京会場後、京都、新潟に巡回予定)。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着