カミングフレーバー SUPER☆GiRLS出
演、無観客生配信ツーマンライブの公
式レポート到着

名古屋を拠点に活動するユニット・カミングフレーバーが、1月23日に無観客での生配信ライブ『カミングフレーバーとツーマンしようぜ!vol.1』を開催した。本記事では、同公演の公式レポートをお届けする。
オープニングにはお笑い芸人スギちゃんが登場。お馴染みの「スギちゃんだぜぇ~」が、カミングフレーバーの楽曲「せ~ので言おうぜ!」と「ぜ」が同じということで、ゲストMCに決定したという。すぐにステージが暗転し、カミングフレーバーのステージがスタート。青海ひな乃のせつない歌い出しで始まる「大人の世界」や「君のいない世界」、ライブで定番となってきた「奇跡の流星群」と、ミドルテンポのしっとりとした曲を歌っていく。
カミングフレーバー  (c)2021 Zest,Inc.
MCでは野村実代が、23日(土)22:00からの東海ラジオ『SKE48 1+1+1は3じゃないよ!』で新曲「音の割れたチャイム」の音源初公開を発表し、続けてステージでこの曲を初披露。野村と青海のWセンターで始まり、アップテンポのポップでキラキラした楽曲ながらSKE48らしいダンスで、生歌での贅沢な新曲披露に画面のチャット上には歓喜の声があふれた。野村が「画面の前の皆さんも一緒に盛り上がってくださーい」と呼びかけ、カミングフレーバー誕生の曲「せ~ので言おうぜ!」が始まると、視聴しているファンの皆様からはチャット上ではたくさんの「Hey!」のかけ声が。
カミングフレーバー  (c)2021 Zest,Inc.
トークのコーナーでは、1曲目の「夜明けのコヨーテ」をライオンの気持ちで踊っていてジャングルを表現した振付があると青海が語ると、大谷悠妃が「アーカイブ配信で“追いジャングル”できるから!」と独特な言い回しでメンバーの笑いを誘った。
終盤、カミングフレーバーオリジナルの新グッズのTシャツに身を包み、「恋を語る詩人になれなくて」で激しいパフォーマンスを披露後、野村が「今日は観てくださっている皆さん、ほんとにほんとにありがとうございます。今日は配信なので、会場にファンの皆さんがいないんですが、やっぱり会場いっぱいにいる皆さんの前でライブができる日がくるといいなと思います。みんなと一緒なら絶対叶えられると思っています。2021年まだまだ私たち進んでいきます。これからもカミングフレーバーへの応援、よろしくお願いします」と挨拶。「今の私たちの気持ちが届いたら」と「神様は見捨てない」を披露。困難にも負けずに頑張っていくという気持ちを込めた歌に、チャット上に号泣、涙のマークがあふれ、ステージは締めくくられた。

カミングフレーバー  (c)2021 Zest,Inc.
カミングフレーバー  (c)2021 Zest,Inc.

続いてSUPER☆GiRLSのメンバーが登場し、「NIJIIROロード☆」からアイドルらしい明るく元気な楽曲を3曲続けて披露した。安定感あるパフォーマンスで、歌唱力にも感心する声がチャット上にも多く並ぶ。9名の自己紹介後には、「画面越しに少しでも私たちの笑顔やパワーを届けられたら」と、“笑顔”がテーマの2曲をパフォーマンス。さらに後半には、元気いっぱいの夏曲で、ステージを熱く盛り上げた。
SUPER☆GiRLS  (c)2021 Zest,Inc.
終演後には、スギちゃんをMCに迎え、カミングフレーバーとSUPER☆GiRLSのメンバーが前半チーム、後半チームに分かれて、トークショーを開催。昨年の『エイベのアイドル夏祭り 哲、この部屋、無観客ライブ配信』にて、初めて顔を合わせた2組。カミングフレーバー・赤堀君江が、「仲良しのアイドルがあまりいなくて、仲良くなりたいんですが、どう話しかけたらいいですか?」と質問すると、SUPER☆GiRLSのリーダー・渡邉幸愛が「“写真撮りましょう”と言ってもらうのが一番嬉しいかも」と先輩らしく素敵なアドバイスを回答。和気あいあいとしたトークで盛り上がった後には、各チームそれぞれ、一発ギャグ対決、キュンキュンさせる対決をして同点に。決戦のけん玉対決でSUPER☆GiRLS 阿部夢梨が見事に決めて、SUPER☆GiRLSに軍配が上がった。
なお、同公演のアーカイブは1月30日(土)23:59まで配信中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着