Gloomy、YOHLUのボーカル・YELIKK迎
えた新曲「Still Night」リリース

2019年10月をもって解散したMINT mate boxのKJ(Gt.)とAbsolute area(Ba.)として活躍中のTomoyaによるプロジェクト、Gloomyが新曲「Still Night feat.YELIKK」を1月27日(水)にリリースする。

昨年8月にリリースした1stシングル「Tokyo Blue」は、ノンプロモーションながらSpotifyで10万再生を突破、『City Pop presents… Best City Pop Songs of 2020』にも選出されるなどして現在もロング・ヒットを記録している。
第2弾シングルとなる本作は、東京の情景が浮かぶ、鬱々とした感情を心地よくノスタルジックに表現。フィーチャリングには福岡在住、YOHLUのボーカル・KENTOのソロ・プロジェクト、YELIKKが参加。前作に引き続き土器大洋(MO MOMA)との共同サウンド・プロデュース作品になっている。

また、リリース日の1月27日(水)21時からYouTube Liveなどでリリース記念トーク番組を配信するという。また、今後はリモート・セッション・ライブ映像の公開も予定しているとのこと。

なお、本作は〈HIP LAND MUSIC〉によるデジタル・ディストリビューション&プロモーション・サービス 〈FRIENDSHIP.〉(https://friendship.mu/) がデジタル・リリースをサポートしている。

【Gloomy コメント】

Gloomyとして2曲目となる今作、僕らのこれまでのキャリアの中には無かった、また新たなアプローチができた楽曲になりました。
ヴォーカルには福岡からYELIKKを迎え、リモートでの制作。
実はこれが初めましてだったりするのですが…こういった制作のスタイルや楽曲の幅広さも僕たちのプロジェクトの面白さだと思っています。
世界的に大変な状況が続いていますが、こんな世の中でなければ生まれなかった出会いや音楽もあると思います。
この楽曲もそんな大切なものになりました。いつかYELIKKとステージでご一緒できる日を夢見て。

【YELIKK コメント】

gloomyさんの曲にVo参加したYELIKKです。普段は、福岡にて身近な仲間たちと、膝を突き合わせて音楽制作しているわけですが、
今回は、東京と福岡という距離もあったので、もちろん打ち合わせから全くのリモート。そんな制作環境含めて、とても新鮮であり、刺激になりました。
(実はまだ実際にお会いしたことないんですけどね笑)
楽曲に関しても、YELIKKではまだ取り組んだことのないポップな路線。自分の中でも新境地が開けた感じです。
こんな時代ですが、皆さんのもとに、この楽曲を届けることができて、とてもうれしいです。(ちなみに2月にはYELIKKとして、
そして僕が参加しているユニットYOHLUのリリースもあるのでぜひチェックしてくださいね!)
早くgloomyの皆さんに、実際にお会いしたいなと思いを馳せつつ、福岡からYELIKKでした。


【リリース情報】

Gloomy 『Still Night feat.YELIKK』

Release Date:2021.01.27 (Wed.)
Label:FRIENDSHIP.
Tracklist:
1. Still Night feat.YELIKK

■Gloomy: Twitter(https://twitter.com/gloomy0805)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着