RYO-Z、AKAKAGE、MGF・KEISUKE SAIT
Oによるプロジェクトの新曲「matild
a」7インチ・リリース決定

RYO-Z(RIP SLYME)、AKAKAGE、KEISUKE SAITO(MGF)によるプロジェクトの新曲「matilda」が7インチ・シングルとして5月にリリースされることが発表された。

ARM名義(RYO-Z、AKAKAGE、MGF)でリリースした前作「それぞれのサタデー」に続く本作は、東京都が立ち上げた芸術文化活動支援事業『アートにエールを』の参加曲として、昨年10月にラフミックスが公開されていた楽曲の完成バージョン。ボサノバ調のアコギのサンプリングにクリスタルなシンセの音色、囁くようなラップ & コーラスに哀愁漂うサックス・ソロが絡むチル・ナンバーに仕上がっているという。
カップリングには伊藤陽一郎が手がける新プロジェクト、Unknown Famousの楽曲「Shuckin’ Sugar Blues (UF Piano Break)」を収録。伝説のブルース・マンBlind Lemon Jeffersonによる同名曲を引用し、鍵盤のバック・ビートやブルージーなホーン、ブレイクビーツを加えクラブ・ミュージック・マナーに再構築。なお、同曲は東京・渋谷区の手がけるアート・プロジェクト『シブヤ・アロープロジェクト』にも使用されている。

前作同様ミックス & マスタリングはhacchi(URBAN VOLCANO SOUNDS / DEAVID SOUL)が担当。ジャケット・アートワークは伊藤陽一郎による描き下ろしとなっている。


【リリース情報】

AKAKAGE, RYO-Z, KEISUKE SAITO 『matilda』

Release Date:2021.05 中旬予定
Label:ROMANTICKERS RECORDS
Cat.No.:RREP-0002
Price:¥1,600 + Tax
Tracklist:
A1. matilda

作詞:RYO-Z, KEISUKE SAITO
作曲:伊藤陽一郎(AKAKAGE)

B1. Shuckin’ Sugar Blues (UF Piano Break) / Unknown Famous

編曲:伊藤陽一郎(AKAKAGE)

Rap & Chorus: RYO-Z, KEISUKE SAITO
Mix & Mastering: hacchi(URBAN VOLCANO SOUNDS / DEAVID SOUL)
Produce & Programing: Yoichiro Ito a.k.a. AKAKAGE

Design & Cover Art: 陽一郎

■ リリース詳細(https://www.jetsetrecords.net/i/816005864459/)

■RYO-Z: Twitter(https://twitter.com/ryoujinarita) / Instagram(https://www.instagram.com/ryoji.narita.75/)

■AKAKAGE(伊藤陽一郎): Twitter(https://twitter.com/akakage_tokyo) / Instagram(https://www.instagram.com/akakage_tokyo/)

■KEISUKE SAITO(MGF):Twitter / Instagram(https://www.instagram.com/ksk_420/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着