細谷佳正、安元洋貴らキャスト陣から
【コメント到着】TVアニメ『NOMAD メ
ガロボクス2』放送決定

『NOMAD メガロボクス2』が2021年4月より、TOKYO MX、BS11にて放送されることが決定した。本作は、『あしたのジョー』が原案で、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送されたTVアニメ『メガロボクス』の続編となる。
同時にティザービジュアル(=上掲写真)、ティザーPV、メインスタッフ・キャスト情報が解禁された。ティザービジュアルは、森山洋監督の描き下ろし。“ノマド”と名乗りさ迷うジョーの姿と、闘志を表す全面赤のビジュアルが印象的だ。
ティザーPV
ティザーPVでは、前作『メガロボクス』最終話で展開された決勝戦から7年の時が経過し、今後、本編で描かれるジョーのその後の物語が伺える内容となっている。
メインキャスト陣からコメントが到着
【コメント】細谷佳正(ジョー/ノマド役)
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
続編の制作の話を聞いた時は、何も思わないようにしていました。現場に行かなければわからない事が多いので、とりあえず淡々と、アフレコの日を待っていたと思います。創りながら、前向きに『いろんなものを手放していこう』と自分に対して課しました。そうする事が必要…というか、そうしないと煩いものになってしまうと思ったからです。それに対して迷う事もありました。でもそれが新鮮で、『前作』を経験しているからこそ、以前の自分との変化をはっきりと感じる事が出来たし、それをキャラクターに含ませる事が出来たと思っています。制限の多い部分はありました、それでも何とか大事なものは維持しながら、創る事が出来たのではないか?と思います。作品ファンの皆さん、どうぞ宜しくお願いします。
【コメント】斎藤志(南部贋作役)
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
事務所から「志郎さん、メガロボクス2の収録が始まります」と聞いた時、ついつい大きな声で「マジッ?‼️」。その歓びは「メガロボクス半端ないって‼️」と言う感動でした。しかし待てよ!南部贋作は失明してしまったし、セコンドとしての登場なのか?一体、どうなるんだろう?興味深々。そして、台本を見てぶっ飛んだ‼️その答えは……勿論、見てのお楽しみ!さあ、メガロボクス2、待望の始まりです。「このアニメを観たら、あなたの涙はちょちょ切れる!」
【コメント】安元洋貴(勇利役)
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
まさかの続編。嬉しく思います。
勇利は、あの後、どのような道を歩んだのか。
そしてジョーは何を思い、生きていくのか。
また、分厚い、血の臭いのする熱い物語が始まります。楽しみにしていてください。
俺も楽しみます。
【コメント】村瀬迪与(サチオ役)​
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
続編制作を知った時は視聴者としても、とても嬉しく楽しみでした。
「2年前の今日、メガロボクス最終回が放送された」そんなツイートが流れてきた日にサチオ役の続投決定が届き、あの頃のサチオの想いと、これから、が混在して名状し難い気持ちになった事を覚えています。
あれから7年後…。とても重いパンチを喰らうような重厚な作品になっています。是非ご覧下さいませ。
本作では、前作のスタッフが集結、再び地下リングに戻ったジョーの姿を描く。
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
『NOMAD メガロボクス2』は、2021年4月よりTOKYO MX、BS11にて放送。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着