神秘的なサウンドで魅了して

雨が降ったあとクモの巣にかかるレースや夜明けの太陽に照らされキラキラ輝く波は、とても神秘的だ。それらの瞬間には、間違いなく人知を超えた魔法がかかっている。EXPCTRが紡ぐ音楽も、そういった類のイメージがパッと広がっていく。神々しいほど厳格ではないが、人生のなかで忘れたくない瞬間に添えられていBGMとは、こういう音楽ではないだろうか。

todoroki kyoheiのソロプロジェクトとして、2018年より活動をスタートさせたEXPCTR。ALTER EAGOのメンバーであった経験も活かし、プロデュースや楽曲提供など多角的に活動している。彼の魅力は、潤いはあるのに爽やかなサウンドだ。まくら言葉に“爽やか”などとつくとカラッとした音色を想像するかもしれないが、EXPCTRの紡ぐ音楽はどちらかというとウエット。しかしながら、じめっとしているのでもなく、まさしく潤っているというイメージなのである。また、ロマンティックなメロディーラインも特筆すべき点のひとつだろう。無理やり作ろうとして感情を揺さぶるのではなく、風の吹くままに任せて進路を決めるような自然な情緒が存在している。だからこそ、EXPCTRの作品はシンプルかつ神秘的なのではないだろうか。

「Dairy Fantasy」は、トラックメイカーSunaoSystemとの第3弾作品。軽やかなビートと柔らかな歌声が春風のように吹き抜けていくナンバーだ。

EXPCTR アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着