日生劇場、6月オペラ『ラ・ボエーム
』チラシビジュアルが公開 指揮・園
田隆一郎、演出・伊香修吾のコメント

2021年6月12日(土)、13日(日)日生劇場にて、NISSAY OPERA 2021『ラ・ボエーム』が上演される。本公演のチラシビジュアル、また指揮者・演出家よりコメントが到着した。
本公演は、19世紀半ば、フランス・パリに住む若者たちの夢や恋、友情を描いた、甘くて切ない青春物語。今回、2017年初演の名プロダクションを、新たな視点から再構築して上演。
指揮は園田隆一郎、演出は伊香修吾が務める。また、出演者はミミ役を安藤赴美子、迫田美帆、ロドルフォ役を宮里直樹、岸浪愛学、ムゼッタは柴田紗貴子、冨平安希子、マルチェッロは今井俊輔、池内響、ショナールは北川辰彦、近藤圭、コッリーネはデニス・ビシュニャ、山田大智、ベノアは清水宏樹、清水良一、アルチンドロは小林由樹、三浦克次らが、それぞれWキャストで演じる。
解禁となったチラシビジュアルは、ミミにロドルフォ、ボヘミアンたちの情景が描かれており、上演が楽しみになるものになっている。
指揮:園田隆一郎  コメント
パリの屋根裏部屋に暮らす、貧しいけれど希望に満ちた若者たち。彼らの恋愛と友情、喜びと悲しみをプッチーニの美しいオーケストラがじっくりと描いていきます。私自身、今まで何度も観て聴いて、何度も指揮してきましたが、毎回新鮮な感動を与えてくれるオペラです。今回また新たなキャストと、演出家伊香修吾さんの新たな視点によってどんな『ラ・ボエーム』が生まれるのか、とても楽しみにしています。今まさに青春を謳歌している若い皆さんも、かつて若者だった皆さんも、ぜひ聴きにいらして下さい。
演出:伊香 修吾  コメント
『ラ・ボエーム』は、人と人との距離がとても近いオペラです。男たちは狭い屋根裏部屋に集い、恋人たちは肩を寄せ合って雑踏の中へと姿を消します。ところが私たちは今、人間関係のそうした物理的な近しさを「密」として忌避する世界に生きています。2017年版の再演が予定されていた本公演も姿を変えることになりますが、前回の演出を単に手直しするのではなく、2017年版と向かい合うような新しい2021年版をつくりたいと考えています。

なお、本作はわかりやすい日本語訳詞上演となり、オペラ鑑賞が初めての方にもおすすめの公演だ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着