「フルーツバスケット The Final」4
月放送決定 透と慊人が涙を流すティ
ザービジュアル公開

(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会 テレビアニメ「フルーツバスケット」シリーズの最終章となる「フルーツバスケット The Final」の放送開始時期が4月に決定した。テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪ほかでオンエアされる。また、ティザービジュアルも公開されている。
 同作は、高屋奈月氏が1998年~2006年に「花とゆめ」(白泉社刊)で連載していた少女漫画の2度目のテレビアニメ化。天涯孤独になった少女・本田透(ほんだとおる/CV:石見舞菜香)が、異性に触れると動物になってしまうという“十二支の物の怪憑き”である草摩家の居候として過ごしていくなかで、数百年もの昔から一族を縛る暗い因縁と対峙していく姿を描く。19年4月~9月に「1st season」、20年4月~9月には初のアニメ化ストーリーとなる「2nd season」が放送され、「The Final」で原作の物語が完結を迎える。「2nd season」の最終回では、草摩家の当主である草摩慊人(そうまあきと/坂本真綾)が女性であることや、彼女の補佐役である草摩紅野(そうまくれの/梅原裕一郎)の呪いが解けていることが明らかになっている。
 このほど公開されたティザービジュアルには、 「いかないで――」というキャッチコピーとともに、背中合わせに立った透と慊人が涙を流す姿が、物悲しく描かれている。
 原作者の高屋氏は「ついに、アニメ・フルーツバスケットがfinalを迎えることとなりました。いやもう……、もう本当に大変だったと思います。走り続けることへのプレッシャーや数多な困難を自分自身も体験していますので。ただただ、制作に関わるすべての皆々様へは深い感謝とお疲れ様の気持ちでいっぱいです」と関係者をねぎらい、「そして読者の皆様、視聴者の皆様にはキャラのひとりひとりが至る道、続く道先をラストまで見守っていただけたら幸いです。最後までどうぞよろしくお願いいたします」とファンに呼びかけている。

新着