ラーメン屋×酒場のハイブリッド『R
enge no Gotoku 酒場』が三軒茶屋に
オープン

排骨担々麺が人気のラーメン店『Renge no Gotoku(レンゲノゴトク)』に酒場のエッセンスを融合した新業態として、ラーメン酒場『Renge no Gotoku 酒場(レンゲノゴトクサカバ)』が2月8日(月)より三軒茶屋にオープンする。
『Renge no Gotoku』は、渋谷で50年以上愛され続け、渋谷再開発に伴う立ち退きにより惜しまれながら閉店した排骨担々麺の名店『亜寿加』の味を受け継ぎ、2019年7月に渋谷・桜丘町にオープンしたラーメン店。
今回オープンする『Renge no Gotoku 酒場』は、昼はラーメン専門店、夜は居酒屋という「二毛作」のスタイルで営業。渋谷で愛されるソウルフード「排骨担々麺」が三軒茶屋で食べられるようになるだけでなく、17:30以降は多彩な酒場メニューが提供され、“呑めるRenge no Gotoku”としてより幅広いシーンで利用できるようになる。
酒場メニューには、薄皮のパリパリ食感がクセになる「薄皮焼き餃子」や、ジューシーな鶏肉に排骨担々麺にも使われているオリジナルラー油と黒酢などを合わせたピリ辛な特製ソースをかけた「黒酢よだれどり」、さっぱりと食べられるもつ煮込み「Rengeの煮込み」など、お酒にマッチするメニューがラインナップ。
ドリンクメニューには、ビールやハイボール、焼酎をはじめ、「キンミヤ珈琲酎」や「ドライフルーツ漬け込み芋焼酎」など自家製漬け焼酎も用意されている。
店内は渋谷『Renge no Gotoku』と同様の木材とモルタルを基調とした空間に、屋台風のエッセンスをプラスした内装となっており、厨房をぐるりと囲むカウンター席を中心に、奥にはテーブル席も4卓配置されているので、利用シーンによって使い分けられるようだ。
地域に深く根付いた店を目指す『Renge no Gotoku 酒場』。『Renge no Gotoku』ファンはもちろん、三軒茶屋ユーザーや近くにお住まいの人は是非、一度お店に足を運んでみてはいかがだろうか。

MENU

排骨担々麺 980円

オリジナルの胡麻ベースとラー油を合わせた絶品スープは、お酢の酸味でほどよい辛味と旨味を引き出し、カリカリの三元豚の排骨をのせて提供。あの名店の味が三軒茶屋に。

冷やし排骨担々麺 980円

冷麺にはオリジナルの中太ちぢれ麺を採用。もちもちとした食感が冷やし担々麺にぴったり。

薄皮焼き餃子 480円(1人前)

揚げ焼きにしているので皮はパリパリ、クセになる餃子。ビールやハイボールとマッチする名物。

黒酢よだれどり 580円

下味をつけた国産鶏もも肉を低温でしっとりと仕上げ。自家製の特製タレには、秘伝のラー油も入れてピリ辛に。ジューシーな鶏肉との相性抜群だ。

Rengeの煮込み 580円

さっぱりとしていて、食べやすいのが特徴。お好みで柚子胡椒と一緒に召し上がれ。

自家製イカ明太シュウマイ 600円

小ヤリイカのコリコリ食感が楽しい蒸したて自家製シュウマイは、明太子との相性も抜群。

揚げ排骨 根菜黒酢酢豚 700円

大人気「排骨担々麺」の排骨を使用した黒酢酢豚。蓮根と長芋は低温で揚げてふっくらとした仕上がりに。

海老とクレソン 自家製水餃子 4個 600

Renge no Gotoku酒場の裏名物。海老の旨味が詰まっているのでそのまま食べても美味しい水餃子。クレソンの苦味と相性抜群。

自家製漬け焼酎 480円~

パインとマンゴーのドライフルーツを漬けた「ドライフルーツ漬け込み芋焼酎」をはじめ「キンミヤ珈琲酎」、「昆布酎」などの自家製焼酎がラインナップ。

INFORMATION 『Renge no Gotoku 酒場』 2021年2月8日(月)から [ラーメンタイム]11:00~15:00 [酒場タイム]17:30~23:00(L.O.22:30) 東京都世田谷区太子堂2-23-5 定休日なし 『Renge no Gotoku 酒場』Instagram

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着