DISH// 4枚目のアルバム『X』にGLIM
SPANKY、くじらが楽曲提供で参加決
定、収録曲も全曲公開

DISH//が、2月24日(水)にリリースする4枚目のアルバム『X』収録曲の楽曲提供で、今回新たに、GLIM SPANKY、とボカロPのくじらが参加することが発表された。
それぞれの楽曲はDISH//の各メンバー・北村匠海(Vo.Gt)、矢部昌暉(Cho.Gt)、橘柊生(DJ.Key)、泉大智(Dr)が1曲ずつディレクションを担当。それぞれがコミュニケーションを重ねて楽曲を作っていくというコラボレーションスタイルで完成している。
GLIM SPANKYの提供楽曲は「未完成なドラマ」。Drの泉大智がディレクションを担当している。「思いっきりGLIM SPANKYを出してほしい。僕らの叫びを隠さない尖った曲を。」というテーマから創られた楽曲で、作詞をボーカル松尾レミ、作曲をGLIM SPANKY、アレンジとギター演奏で亀本寛貴が参加し、独創的なロックナンバーが完成。
ボカロPのくじらは、自身の楽曲「金木犀 feat.Ado」「ねむるまち feat.yama」、そしてyamaの「春を告げる」などでヒットを飛ばしている新進気鋭の音楽クリエーター。くじらの提供楽曲は「君の家しか知らない街で」。Vo.Gtの北村匠海がディレクションを担当。くじらの得意とする夜を感じるメロウなタイプの楽曲で、「描く範囲の狭い物語で、”せつない”より”さみしい”」というテーマから創られた楽曲。
また、このアルバムには1月15日に先行配信された北村匠海作詞・作曲の「あたりまえ」に加えて、メンバー全員で作詞・作曲・ベーシックアレンジを手掛けた自作曲「ルーザー」「rock‘n’ roller」の2曲が収録される。この自作曲の3曲は、進化し続けるDISH//を強く感じられる楽曲であり、そしてまたこれからのDISH//においてターニングポイントとなる3曲となっているとのこと。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着