飯塚昌明【オフィシャルレポート】3
0周年記念ライブ『e-XPO 2020』に栗
林みな実・福山芳樹・美郷あき・谷山
紀章が参戦

ロックユニット、GRANRODEOのギタリスト/コンポーザー・e-ZUKAこと飯塚昌明のプロデビュー30周年を記念したスペシャルライブイベント「飯塚昌明ANNIVERSARY LIVE “e-XPO 2020”」が、2月1日(月)、東京・豊洲PITにて有観客&有料配信で開催された。オフィシャルレポートをお届けする。
親交の深いアーティストが集結
栗林みな実福山芳樹美郷あきといった飯塚がGRANRODEO結成以前から楽曲提供を行い、クリエイターとして長く交流を深めてきたアーティストが集結。飯塚がソロ名義でライブイベントを開催するのは初めての試み。GRANRODEOの相棒であるKISHOWも、飯塚が提供したキャラクターソングを歌う声優・谷山紀章として参戦。長年GRANRODEOファンを続けてきた人にとっては涙が出るほど懐かしく、最近GRANRODEOのファンになった人にとっては、今まで観たことのないレアなステージが繰り広げられた。
【“e-XPO 2020”オフィシャルレポート】
開演時間の19時。GRANRODEOが恒例として行っている“Gナンバリング”周年ライブのギターソロナンバーとしてもおなじみの通称「ROCK SHOW ANTHEM」が流れる中、飯塚がステージに姿を見せると、待ち焦がれたオーディエンスから一段と大きな拍手が贈られる。
黒にラメをあしらったフォーマルな衣装でにこやかに登場した飯塚が、伸びやかかつ超絶な速弾きが魅力のインストゥルメンタルナンバー「Burn Your Enemies」を放ち、イベントがスタート。コロナ禍での有観客ライブということで大きな歓声こそ上げられないが、そんな制限をかき消すかのように、割れんばかりの拍手が巻き起こる。
「緊張してます」と言いながら「今日は4人のアーティストの皆さんに参加してもらいました。歌姫二人と歌バカ二人です(笑)。今日は僕の作曲・編曲した曲だけなので、究極の自作自演ライブ。飯塚紅白歌合戦です。最後までよろしくお願いします!」と、持ち前のユーモアを交えて挨拶するのも実に彼らしい。
「みな実ちゃんがいたからこそ、GRANRODEOがあるんです」
ゲストアーティストのトップバッターは、デビュー曲からの付き合いとなる歌姫・栗林みな実。栗林のアニソンアーティストとしてのアンセムでもある『君が望む永遠』の「Precious Memories」、『舞-HiME』の「Shining☆Days」という名曲の数々に、客席から鮮やかなペンライトの光が注ぐ。「みな実ちゃんがいたからこそ、GRANRODEOがあるんです」と語る飯塚に、栗林も「(声は出せないけど)皆さんの歌声はちゃんと聴こえています。飯塚さんの曲は素晴らしい」とニコニコと語る。ほのぼのとした二人のトークに心が和む。栗林ソロのラストは、こちらも栗林✕飯塚の代表曲「Rumbling hearts」。さまざまなステージで共演してきた飯塚との絆を支えに、栗林の透き通った歌声が客席全てに染み入った。
デビュー当時の思い出話に花が咲く、美郷あき
続いて登場したのは、こちらもデビュー以来、飯塚の楽曲を多数、歌い続けてきた二人目の歌姫・美郷あき。飯塚が椅子に腰かけてフルアコースティックギターを奏でて届けられたのは「sad rain」だ。久しぶりに会うという二人は、美郷のデビュー当時の思い出話に花が咲く。「みな実ちゃんはポップス寄りだとすると、美郷あきちゃんはR&B。いろいろな曲が書けて嬉しかった」と飯塚が言えば、美郷も「飯塚さんは、どんな曲でも作れてすごいと思いました」と振り返る。アコースティックギターによるバラード「君が空だった」、華やかなポップロック「Confusion Lovers」で、美郷の美しい歌声に酔いしれた。
飯塚と福山芳樹の激しいギターソロバトル
飯塚とバンドが超絶テクニックをぶつけあったハードなインストナンバー「CHASING TRUTH」を挟んで、3人目のゲストとして登場したのは、JAM Projectでの活躍でもおなじみの福山芳樹だ。福山が手にしていたのはアニメ『マクロス7』劇中に登場した“熱血バサラギター”。出てくるやいなや飯塚と激しいギターソロバトルを繰り広げた後、歌われたのは、福山がボーカルを務めた劇中バンド・Fire Bomberのナンバー、『マクロス ダイナマイト7』挿入歌の「WILD LIFE」だ。様々なギターテクを繰り出しながら、ハードな掛け合いをする二人に客席の熱気もアップ。
MCでは25年以上前、福山がアニソンデビュー前に神奈川のライブハウス界隈で交流していたという二人の歴史や、二人が関わった知られざる楽曲の裏話なども語られる。そして福山は、アニメ『BLUE SEED』で立木文彦・三松亜美が歌っていたオープニングテーマ「CARNIVAL・BABEL」を栗林みな実と熱唱。このイベントでしか聴けないレアな楽曲に、客席も大興奮だった。
スペシャルゲストのトリを飾る、谷山紀章
スペシャルなゲストのトリを飾ったのは、やはりこの人、谷山紀章だ。谷山と飯塚の出会いは、谷山が主人公で栗林がヒロインを務めていたアニメ『君が望む永遠』のキャラクターソング。そこで谷山が作詞を、飯塚が作曲を担当したことがキッカケで二人はGRANRODEOを組むことになったという記念すべき作品だ。そんな、谷山いわく“GRANRODEOのプロトタイプ”と呼ぶべき「LAST SMILE」と「未完成のGUILTY」をこの日は、後にGRANRODEOの楽曲としてリリースされたバージョンではない、谷山紀章名義の原曲アレンジで届ける。
「今の僕があるのは紀章さんのおかげ」「(飯塚とは)運命共同体です」
このブロックでは、飯塚が美郷あきに提供した「Scarlet Bomb!」とそれをGRANRODEOがセルフカバーした「シャニムニ」を合体し、デュエットした「シャニBomb! (シャニムニ・Scarlet Bomb!メドレー)」、谷山と栗林のキャラクター・デュエットソングとしてリリースされた「となりにいるから。」という2曲の超レアナンバーも披露。

谷山と飯塚がユニットとしての歴史をスタートさせた記念すべきGRANRODEOのデビューシングル、「mistake」と「Go For It!」をメドレーで演奏するなど、豪華なセットリストが展開。お互いにどこか照れながら、コミカルな口調で「今の僕があるのは紀章さんのおかげ」「(飯塚とは)運命共同体です」と語り合う二人の絆の深さと強さが、このステージにもしっかりと感じられた。

そして最後は全員でGRANRODEOのヒットナンバー「Can Do」を熱唱。ギタリストとして、コンポーザーとしてあらゆるジャンルの楽曲を作り、演奏し、今はGRANRODEOのe-ZUKAとして世界中のファンを魅了する飯塚昌明。「飯塚昌明 ANNIVERSARY LIVE “e-XPO 2020”」は彼の楽曲の素晴らしさを改めて再認識でき、愛される人柄が滲み出た、とても心温まるライブだった。
ライター:阿部美香

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着