宮沢氷魚が大泉洋に求められた「イン
ター語」エピソードを語る 映画『騙
し絵の牙』インタビュー映像&場面写
真を解禁

3月26日(金)に封切られる映画『騙し絵の牙』から、宮沢氷魚のインタビュー映像と場面写真が公開された。
『騙し絵の牙』は、小説家・塩田武士氏が俳優・大泉洋を‟あてがき”した同名小説の映画化作品。塩田氏は、4年間にわたって大泉に関する丁寧な取材と綿密な分析を行い、本人からの細部にわたるアドバイスをもらい、小説を作り上げたとのこと。映画の舞台となるのは、大手出版社・薫風社。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。そんな中、会社のお荷物雑誌『トリニティ』の編集長・速水(大泉洋)は、無理難題を押し付けられ、新人編集者・高野(松岡茉優)とともに陰謀に巻き込まれていく。大泉、佐藤、松岡のほか、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼がキャストに名を連ねており、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンをとっている。
(c)2021「騙し絵の牙」製作委員会

(c)2021「騙し絵の牙」製作委員会
インタビュー映像が公開された宮沢が演じたのは、速水が薫風社に連れてきたミステリアスな小説家・矢代聖。新人編集者・高野恵(松岡茉優)は、ある日目にとめた原稿の文体に惹き付けられるが、その書き手と連絡が取れず終い。そんな時、社に矢代が現れ、その才能を求めて、速水が編集長を務める雑誌「トリニティ」と、文芸誌「小説薫風」編集部との社内対立が勃発。その対立に巻き込まれたかに見えた矢代だが、彼自身もまた別の顔を持っていた。解禁された場面写真では、矢代が女性社員たちの注目を集めるシーンや、とある大事件により記者たちに囲まれるカット、そして華々しい作家デビューを飾るはずの記者会見でなぜか泣き出す場面などが切り取られている。

宮沢のインタビューコメントは以下のとおり。
宮沢氷魚
――脚本を読んでみての感想。
『MEN'S NON-NO』の専属モデルをやっているので、編集部は身近で、他人事のように思えない不思議な感覚でした。(映画は)フィクションですけれど、結構リアルで現実に近いものが多いので、凄く楽しかったです。
――吉田監督の演出について。
セリフの間の取り方や、立ち位置、視線に目が行く方で、とても頭が良くて鋭い方なので、最初は戸惑いました。ここまで細かく演出を付けるんだと思っていたのですが、実際モニターを見ると全部成立しているので、全部任せています。僕としては新しい体験ですね。
――主演の大泉洋との撮影中のエピソード。
僕はインターナショナルスクールに通っていたんですが、英語と日本語を使い分けるのが得意で。例えば友達と話す時も、「今日、Dinnerどうする?」と(“Dinner”をネイティブの発音にしてしまう)ルー大柴さんのような日本語と英語が混ざる会話を大泉さんがすごく気に入ってくれて、会う度に新しいフレーズを注文されます(笑)。
――映画の注目ポイント。
間違いなく今年の目玉の作品になると思います。出演者も豪華ですし、監督も偉大ですし、脚本も素晴らしいので、騙し騙され生きていく人達の人間らしさ、醜さ、清々しさ、いろいろな面が見られる作品になっているので、楽しんでいただければ嬉しいです。
『騙し絵の牙』は3月26日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着