堂珍嘉邦、日露共同製作映画『ハチと
パルマの物語』テーマソングとGAINA
製作アニメ『愛姫 MEGOHIME』主題歌
を含むシングル4月発売決定

CHEMISTRY堂珍嘉邦が、ソロ名義として4年ぶりのシングル「愛の待ちぼうけ / My Angel」を4月7日に新たにAGレーベルよりリリースする。
今作の表題曲「愛の待ちぼうけ」は、2021年初夏公開予定の日露共同製作映画『ハチとパルマの物語』の主題歌。『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞など、数々の映画音楽を手掛ける上田 禎との共作曲となっている。同曲は、制作に約一年の歳月を掛け完成した書下ろし曲。レコーディングでは、ストリングスと同時に録音された迫真のボーカリゼイションで、映画のハイライトとなるだろう。
そして両A面のもう1曲「My Angel」は、堂珍嘉邦が2019年より出演しているプラネタリウムの暗闇で歌う好企画『LIVE in the DARK』出演時に演奏された新曲。石井マサユキ(CHEMISTRY、ハナレグミなどサポート)により堂珍のために書下ろされ、同イベントへ出演の際に10年の時を経て初披露、ファンにも愛されている楽曲だ。
なお、同曲は福島県三春町とGAINAの共同製作アニメ『愛姫 MEGOHIME』主題歌にも決定している。
そしてカップリングには、ニーナ・シモン、ジェフ・バックリィがカバーしてきた楽曲「LILAC WINE」のカバーを収録。堂珍嘉邦のソロライブで“もはやオリジナル”とも思わせる存在感を放つ楽曲の、待望の音源化となる。石井マサユキのプロデュースのもと、Dr.kyOn(Key)、椎野恭一(Dr)という名プレイヤーの演奏による温かみのある好カバーとなった。
また、オフィシャルファンクラブ《Drunkboat》並びに《mu-mo shop》では、昨年、堂珍嘉邦ソロ初配信となった『真夜中のプラネタリウム‐Midnight Planetarium Live‐✕堂珍嘉邦(CEHMISTRY)』がDVD付きの限定仕様にて販売決定。アンコール配信まで行われた伝説の一夜となり、視聴者からの映像販売化を 望む多くのお声に応える形での作品化となる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着