アジカン後藤主宰『APPLE VINEGAR -
Music Award-』今年のノミネーション
発表

ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文が設立した『APPLE VINEGAR -Music Award-』の今年のノミネーションが発表された。

■ 『APPLE VINEGAR -Music Award-』特設サイト(http://www.applevinegarmusicaward.com/)

『APPLE VINEGAR -Music Award-』は新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞。文学界での『芥川賞』を参考に、デビュー・アルバムに限らず、ミュージシャンがそのキャリア初期に発表した作品を評価する仕組みを作り、今後の作品制作をサポートする賞金を贈呈することで若手ミュージシャンを応援できれば、という思いを持ち2018年よりスタート。同時にリスナーが新しい音楽と出会うきっかけとなれば、という思いも込められている。

第4回となる2021年のノミネート作品は下記10作。


『BLANKBEATTAPE』 Green Assassin Dollar
Boston Bag』 BIM
『LiFE』 LEX
『MY GENERATION』 ゆうらん船
『oar』 角銅真実
『OOTD』 ASOBOiSM
Passport & Garcon』 Moment Joon
『THE THIRD SUMMER OF LOVEラブリーサマーちゃん
『YES』 jan and naomi
『おさきにどうぞ』 田中ヤコブ

※アルファベット順
後藤がセレクトした上記10作より、3月の選考会を経て大賞を決定。今年の審査員は後日発表予定とのこと。また、賞金は後藤が10万を用意しているほか、坂本龍一が10万円、亀田誠治が10万円をそれぞれ拠出。選考会と授賞式の模様は、例年同様『APPLE VINEGAR -Music Award-』のサイトで詳細にレポートされる。

また、『APPLE VINEGAR -Music Award-』では今年もアワードの趣旨に賛同する企業からの協賛を募集している。詳細に関しては特設サイトのお問い合わせフォームより。

【後藤正文 コメント】

APPLE VINEGAR -Music Award-はお陰さまで4年目を迎えることができました。応援してくださっている皆様に感謝します。

音楽賞を主催することは権威性を纏うことでもあります。そうした本質を考えると、自分のなかにある不遜さと向き合う他はありません。なんということをはじめてしまったのかと、後悔する瞬間もあります。ゆえに、できる限りクリーンかつオープンで、ポップミュージックの将来について少しでも貢献できるような賞を真摯に目指します。

コロナ禍にあって、ミュージシャンに限らず、様々な業態の皆さんが苦しい状況に直面していると思います。そうしたなか、ご支援を募ることに若干の躊躇がありますが、引き続き当アワードでは賞金を拠出してくださる法人や団体を募集しています。たったひとつの機材がアルバム一枚分のインスピレーションを与えてくれることがあります。そうした瞬間の到来にお力添えいただけたら、とても嬉しいです。

後藤正文


■ 『APPLE VINEGAR -Music Award-』 オフィシャル・サイト(http://www.applevinegaraward.com)

■ 後藤正文 オフィシャル・サイト(https://gotch.info/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着