池田エライザが大泉洋の芝居に対する
姿勢を絶賛「でもすごい声大きいです
よね」 映画『騙し絵の牙』インタビ
ュー映像を公開

3月26日(金)に封切られる映画『騙し絵の牙』から、池田エライザのインタビュー映像と場面写真が公開された。
『騙し絵の牙』は、小説家・塩田武士氏が俳優・大泉洋を‟あてがき”した同名小説の映画化作品。塩田氏は、4年間にわたって大泉に関する丁寧な取材と綿密な分析を行い、本人からの細部にわたるアドバイスをもらい、小説を作り上げたとのこと。映画の舞台となるのは、大手出版社・薫風社。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。そんな中、会社のお荷物雑誌『トリニティ』の編集長・速水(大泉洋)は、無理難題を押し付けられ、新人編集者・高野(松岡茉優)とともに陰謀に巻き込まれていく。大泉、佐藤、松岡のほか、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼がキャストに名を連ねており、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンをとっている。
池田が演じるのは、人気ファッションモデルとして活躍する城島咲。劇中では、スタジオ撮影中に現れ、銃器の話や「城島咲って本名ですか?」といった意味深な質問を残して去る速水に興味を持つ。その後、速水が編集長を務める『トリニティ』誌に登場し、ミステリアスな新人小説家・矢代聖(宮沢氷魚)との対談するなど、速水の策略に巻き込まれながら、“別の顔”を表すという。
解禁された場面写真では、池田演じる城島が秘めた別の顔を伺わせる表情や、速水の策略で新人小説家・矢代聖(宮沢氷魚)と「美男美女カップル」と噂される姿を切り取っている。
池田のインタビュー時のコメントは以下のとおり。
池田エライザ
――城島咲のキャラクターについて。
いろいろな思惑が交差して、いろいろな展開が起きます。咲が関わる部分もこの作品の(重要な)ひとつのキーになっていますが、私が関わるのが(物語の中心で多くのキャラクターと関わる)大泉さんの一部でしかない感覚がすごく面白いです。
――脚本について。
3回読み返しました。『え!あの伏線ってここで回収されたってこと?』とか。1回目は台本として、2回目はエンタメ作品として楽しく読んで、3回目は全部確認するために読みました。読めば読むほど、知れば知るほど、いろいろなところでいろいろなことが起きていて、そのテンポ感が楽しかったです。
――大泉洋さんと共演してみて。
イメージ通り(笑) もっと毒舌な方かなと何となく思っていたんですけれど、すごく物腰の柔らかい方で。でもお芝居が始まるとすごくストレートで、常に自分と自問自答している感じで、その姿勢は、大泉さんの作品が支持されてきた意味が分かるなと勉強になりました。でもすごい声大きいですよね(笑)。
――本作の見どころについて。
私も紙で読む素晴らしさを知っているので、この『騙し絵の牙』を観ることで、小説に取り憑かれている人たちや、小説というカルチャー・サブカルチャーを愛する人たちの奮闘を多角的に観ていただけると、より楽しんでいただけると思います。
『騙し絵の牙』は3月26日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着