Ranがパーソナリティに 「Being オ
フィシャルYouTubeチャンネル」で新
番組の配信がスタート

「Being オフィシャルYouTubeチャンネル」で、ビーイングのアーティストの新たな一面を掘り下げる新番組『BeYoRa』の配信が開始した。
本配信に向けてのパイロット版では、現在放送中のTOKYO MXテレビのドラマ『青きヴァンパイアの悩み』(主演・桐山漣・ゆうたろう W主演)のエンディング曲「せかい」を担当する福岡県出身20歳のシンガーソングライター・Ranが抜擢された。
この『BeYoRa』は「Being YouTube Radio(ビーイング・ユーチューブ・レディオ)」の略称で、普段のインタビューなどとは違ったアーティストの一面を見ることができる番組となっている。構成作家には吉本興業のお笑いトリオ・ニブンノゴ!の宮地ケンスケが担当。パーソナリティ初挑戦で初々しいRanと、そんなRanへの的確なツッコミとサポートで新たな一面を引き出していく天の声(宮地ケンスケ)の掛け合いに注目しよう。
2月18日(木)に公開された第1回では、Ranの各メディアやSNSでの過去の発言をピックアップして深掘りする「コメントRan」を展開。Ranのプロフィールにもある”映画”に関連して【プロフィールで「ある映画」を観たことがきっかけでアーティストになりたいと思ったそうですが、その映画は何ですか?】というテーマで進行。アーティストを目指すきっかけとなった思い出の作品の話から、ボイストレーニングや初めて路上で歌い始めた時の思い出などを語っていく。
『BeYoRa』は毎週木曜日18時に更新予定で、今後ゲストとして他のアーティストが出演するような新たな展開の可能性もあるという。新曲にまつわるエピソードや故郷・柳川市の話から好きな川の話など、時に大きく脱線しながら『BeYoRa』でしか聴けないトークを繰り広げる。
また、3月2日(火)にはRanにとって初のバンドスタイルのワンマンライブ『i-20210302 band sessin-』を渋谷WWWで開催され、同時に生配信で配信ライブも行われる。さらに、3月20日(土)にも地元・福岡Queblickで初のワンマンライブ『i-20210320 acoustic session』も開催される。こちらはメンバーも変更してアコースティックスタイルでのライブになる。両公演共に各プレイガイドにてチケット及び配信ライブチケット(※配信ライブは東京公演のみ)を販売中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着