オススメJ-Indieプレイリスト『DIG
UP! - J-Indie -』更新 gb、macico
など|2月4週目

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアー
ティスト

ALL DAY all night / gb

(クール・アンド・ザ・ギャング)の
(ジョージ・ブラウン)を父としながらも、主に日本で育ったSSW/ラッパーの
がリリースした1stアルバム『24/7』に収録されている「ALL DAY all night」。オーセンティックなR&Bやヒップホップを軸に、日本語を軸にポジティブなメッセージを発する彼のサウンドは、gb自身の人生の叫びとして紡がれ、聴くものの人生と重なり合う。

夜迷 feat.YELIKK  / Osamu Fukuzawa

福岡を拠点とするプロデューサー、Osamu Fukuzawaによる新曲「夜迷」。本作はプロデュースで深く関わるYOHLUのボーカル・YELIKKとの共作曲。また、音楽動画メディア「lute」にて公開されたリリック・ビデオは、YELIKKが撮影/編集を手がけている。 また、本作は〈BOAT〉とTokimeki RecordsやSnowkをリリースする〈Namy& Records〉の共同リリース作品となっている。

Just cuz now / rice water Groove

東京を拠点に活動する3MCヒップホップ・クルー、rice water Grooveが、自らが主宰するレーベル〈Doggy G Central Records〉よりリリースした通算7作目のシングル「Just cuz now」。ダンス・クルーMAVERICKのメンバーとしても活動するYuto Takahashiがトラックを担当し、80’s感漂うフュージョン・サウンドが大胆にサンプリングされた本作は、彼らの”後悔なく今を楽しむ”というメッセージと共に、どこかメランコリーで力強さを感じられる。 

fork / macico

東京都内を中心に活動する3人組音楽グループ、macicoが2021年最初のシングルとして「fork」をリリース。本作は、フレンチポップのアンニュイさと、クラブサウンドが融合したアッパーなダンスチューン。 タイトルの「fork」には、“分岐点”や“別れ”の意味があり、失恋や未練、孤独がテーマの楽曲となっている。制作はメンバー各自が自宅での宅録、ミックス、マスタリング、デザインまでを担当したそうだ。

Regret / ナリタジュンヤ,Miyamoto

昨年9月よりシングル3作品を発表している愛知出身のシンガーソングライター・ナリタジュンヤの最新シングル「Regret」。本作は後悔がテーマとなっており、プロデューサーとして参加したMiyamotoの手により、過去、表現されて来なかったナリタジュンヤの新しい音楽性が確立され、今回のリリースへと至った。ミックス・マスタリングを行なったのは、君島大空Mimeshowmoreなど数々のミュージシャンを手がける向啓介。ナリタジュンヤ全作品のディレクションも担当している。


その他、注目のリリースにはshowme ニューヤナセAi Kakihiraなどがラインナップされています。

第2,4木曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着