江口寿史、大滝詠一『A LONG VACATI
ON』ジャケットをモチーフにしたポス
ターを作成 発売から40年を記念

大滝詠一が1981年3月21日に発表したアルバム『A LONG VACATION』発売40周年を記念して、2021年3月21日に『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』がリリースされる。
通称「ロンバケ」と呼称される本作品は、音専誌『レコード・コレクターズ』2010年9月号の特集「日本のロック・アルバ ム・ベスト100(1980年代編)」で第1位に選ばれるなど、日本の音楽シーンに輝く一枚で、2020年までに累計300万枚以上のセールスを記録している。昨今では、永井博氏によるイラストも併せて、「CITY POP」のマスターピースとして海外でも高い評価を受けている。
そこで、アルバム発売40周年を記念して、大滝詠一や、アルバム『A LONG VACATION』と縁のある4人のイラストレーター・漫画家に「ロンバケ」ジャケットをモチーフに描いたイラストによる、コラボレーション・ポスターを作成することとなった。
「ロンバケ・コラボポスター企画」第1弾は、イラストレーター本秀康氏、第2弾は漫画家・久米田康治氏とのコラボレーションが実現。そして、第3弾は、世界的にも人気の高い日本を代表する漫画家/イラストレーターの江口寿史氏が登場。江口は長年、大滝詠一作品のファンだったということもあり、今回の夢のコラボレーションが実現した。結果、独自の美しい画風と、「ロンバケ」ジャケットが一体となった”夏の香り”を感じる素晴らしいコラボレーション・ポスターが完成。
本コラボレーション・ポスターは全国CDショップ店頭や、大滝詠一オフィシャルサイト、SONY MUSIC公式SNSなどで紹介され、2021年3月には最後の作品が公開。合計4名によるロンバケ・コラボポスターのデザインがオールラインナップされる。
江口寿史氏 コメント
25歳になろうとしていた1981年の春に出た『A LONG VACATION』。
買ったその日から、本当に毎日毎日ぼくはこのレコードを聴いていました。人生であんなにターンテーブルに乗せたレコードはないかも。毎週毎週〆切りに追われながらギャグ漫画をひねり出す日々のオアシスでした。南の島の白くて細い道を歩いて行くと目の前にサンゴ礁の海が広がる、あの時間と空気の流れを、今回のトリビュートイラストでは、閉じ込めたいと思いました。その恋にも似たときめきはまさに『A LONG VACATION』の持つ空気感そのものだからです。
絵の大部分があらかた出来上がって、最後に残ったのが彼女が手にもつレコードでした。この絵の全制作時間の半分か、もしかするとそれ以上は実は、レコードジャケットそのものにかかりました(笑)。一見スキャンして貼り付けただけに見えるかもしれませんが、パソコン内でいちから描いたものです。絵の全体で見ると小さいですが、そこはパソコンですのでいくらでも拡大できます。模写してみると永井博さんの絵は非常に論理的で明解な手法で描かれているのがわかります。永井さんが描く手順通りに描いていくのは楽しかったですが、手にして以来何度も眺めたこの絵を、40年経って模写しているのが不思議な気もしました。
『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』Trailer

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着