「みんかよ音楽祭」佳山明生、三城ゆ
り子、藤井香愛ら競演、東日本大震災
復興へ歌でエール

演歌・歌謡曲の新しい情報を毎月無料で全国に届けている月刊フリーペーパー「みんなの歌謡曲」が主催の「みんかよ音楽祭」が2月25日、東京・豊島区の池袋西口公園野外劇場 グローバルリング シアターで開かれた。

今回は「東日本大震災追悼スペシャル」と銘打ち、2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年がたち、同震災復興に向けて歌でエールを送りたいとして行ったもので、佳山明生をはじめ、Yukari、大輝とまゆみ、佐藤千枝子、浅井利奈、一城あきら、L.B.バービーズ、沢田ミヨ、友貴一彰、キソン、藤井香愛、Nobby、三城ゆり子の全13組が出演。毎回、東京・南大塚ホールで開催している同音楽祭が、初めて野外にステージを移して実施。
三城ゆり子
今回は、出演者の一人、三城ゆり子が、東日本大震災のときに地元・茨城県が被災して、人一倍心を痛めたため、「歌手としてできることは、歌で復興支援をしていくこと」。そして、間もなく同震災発生後、丸10年の節目を迎えるにあたって、「これからは“被災地”という呼び方をするのではなく、“復興地”という呼び方をしてさらに皆さま方にエールを送り続けていきたい」と考え、「みんなの歌謡曲」とタイアップして企画されたもの。

司会者・ナナオの司会・進行でスタート。出演者全員で「花は咲く」を大合唱してオープニングの幕を開け、歌手を代表して佳山が「今日は、われわれ歌手全員が全力投球で歌います。コロナや地震などいろんな禍がある中、このひとときだけでもわれわれの歌を聴いて元気を出していただけたらいいかなと思って駆けつけてまいりました。最後まで一生懸命歌いますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします」とあいさつ。
藤井香愛
出演順に、大輝とまゆみが「泣けなくなるまで」、佐藤が「生きる…夢ふたたび」、浅井が「六本木 Night」、一城と浅井のデュエット曲「愛の彩の中で…」、L.B.バービーズが「お願い! マスター」、沢田が「松本の夜」、友貴が「哀しみの雨」、キソンが「大邱の純情」、藤井が「その気もないくせに」、Nobbyが「おにぎり」、三城が「松五郎心情記」などを歌唱。
佳山明生
最後はトリの佳山が、大ヒット曲「氷雨」や新曲「霧笛が泣いて…横浜」などアンコールを含めて6曲を熱唱。約3時間にわたって全員で全31曲を披露し、老若男女の演歌・歌謡曲ファンを存分に楽しませた。

この日の入場料&CD売り上げの一部が、出演者を代表して三城から彼女の出身地である被災地・茨城県の福祉協議会等に東日本大震災復興支援のために寄付される。
(提供:サンニュース)

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着