MAN WITH A MISSION、新曲「Perfect
Clarity」が田中圭の主演映画『ヒノ
マルソウル』挿入歌に決定 楽曲を使
用した特別映像も解禁に

MAN WITH A MISSIONが5月7日(金)公開の映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の挿入歌を担当することがわかった。
『ヒノマルソウル』は、実在するスキージャンパー・西方仁也を主人公とした映画。西方は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦メンバーとして日本代表を牽引するも金メダルを逃し、1998年の長野五輪での雪辱を誓うが、代表候補として有力視されながら落選。テストジャンパーとなって、日本代表選手を裏方として支えた人物だ。物語は、西方の金メダルへの想いや挫折、原田雅彦との友情、怒りと嫉妬のほか、長野五輪に向けて西方率いる25人のテストジャンパーたちが行った決死のテストジャンプにまつわるドラマを史実に基づき描き出す。主人公・西方仁也を演じるのは、『おっさんずラブ』シリーズの田中圭。そのほか、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、古田新太らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『荒川アンダーザブリッジ』の飯塚健監督。
MAN WITH A MISSIONが同作に挿入歌として提供したのは、新曲「Perfect Clarity」(発売日未定)。同曲は、劇中のクライマックスシーンを感動的に彩り、映画を盛り上げるという。楽曲を使用した映画の特別映像も公開されている。
挿入歌決定を受けた、MAN WITH A MISSION Kamikaze Boy、映画の企画プロデュース・平野隆氏のコメントは以下のとおり。
MAN WITH A MISSION Kamikaze Boy(Bass, Cho)
『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』ノ脚本ヲ読マセテ頂イタ時ニ、胸ガ熱クナリ涙ガ溢レ出テ来タノヲ今デモヨク覚エテイマス。
コノ素晴ラシイ映画ヲヨリ大キナ感動ト共ニ皆サマニ届ケルタメ、心ヲ込メテコノ「Perfect Clarity」トイウ楽曲ヲ制作シマシタ。
主人公ノ西方ガ新タナル人生ヘト踏ミ出ス、大キナJUMPガ、皆様ノ心ヘト届キマス様ニ。
平野隆(企画プロデュース)
この映画の主人公達は、オリンピック代表に<選ばれなかった>25人のスキージャンパーです。
彼等は代表を目指し必死に努力しましたが、オリンピックにはテストジャンパーという裏方として参加することになります。
しかし決戦当日、予期せぬアクシデントにより彼等は金メダル獲得へのキーマンとなっていくのです。
そんな彼等のテーマソングを作りたいと思い、魂を鼓舞する楽曲ならばこの人達しかいないとオファーさせていただきました。
MAN WITH A MISSIONの音楽からはいつも強いパッションを感じていたからです。
「Perfect Clarity」は高らかに誇り高く、「舞台裏の英雄たち」にエールを送る熱い楽曲に仕上げていただきました。
「Perfect Clarity」とともに映画のクライマックスのシーンを見て頂ければ、きっと皆さんも気づかれると思います。
選ばれなかったはずの彼らが、実は<選ばれた>25人だったことに。
『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』は5月7日(金)公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着