2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE

2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE

【HERE ライヴレポート】
『ハイテンションフェス2021』
2021年2月20日
at duo MUSIC EXCHANGE

2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
2021年2月20日 at duo MUSIC EXCHANGE
“日本一ハイテンションなロックバンド、HEREです!”

 大トリで登場した、『ハイテンションフェス2021』の主催バンドHEREの尾形回帰(Vo)が高らかに宣言すると、歓声をあげることができない観客が両手をあげてその声に応える。HEREの唱えるハイテンションとは“夢中になること、熱狂すること”。音楽やライヴに真剣に打ち込み、熱狂する観客の心を打ち震わせる力。そんなハイテンションに輝くアーティストたちと共鳴する観客がduo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-Crestに集結した。

 緊急事態宣言下ということで、新型コロナウイルス感染予防のガイドラインがきっちり引かれ、さまざまな規制がある中での開催となったが、出演者であるHEREを含む全11組のアーティストが繰り広げるアクトに、集まった観客たちもハイテンション! 2会場のタイムテーブルを片手に行き来し、ルールを守りながらもライヴを楽しみ熱狂する光景は、しばらく味えていないロックフェスの喧騒や賑やかさを思い出させ、それだけでグッと来てしまう。

 “ハイテンションとは何なのか? しっかり証明しましょう!”と「ハイテンションなコミュニケーション」で始まったHEREのステージは、溜めに溜めたエネルギーをド頭から大放出! フロアーには観客のクラップや拳が上がり、この状況下でもハイテンションなコミュニケーションが成立することを早くも実証。「最高ですから最強なんです」「BOON BOON BOONでPON PON PON」とアルバム『風に吹かれてる場合じゃない』収録の新曲が続き、最新型のHEREを見せつけた前半戦。バスドラのリズムに観客が手振りを合わせて完成させた「ギラギラBODY&SOUL」でベッド・イン&ちゅうえい(流れ星)が登場し、華やかなステージで魅せると、「己 STAND UP」ではデストロイはるきち(ガストバーナー)&山下英将(folca)が登場。武田将幸と三橋隼人が熱いギタープレイで煽り、尾形が“俺はロック歌手だ、人前に立って叫ぶのが俺の仕事だ!”と己を奮い立たせるように覚悟と誇りを叫ぶ。

 MCで尾形は“俺たちもこの状況でやるから意味があると思ってて。昨年自粛して、戦い方もちょっとずつ分かってきたから。ただ自粛してちゃダメ!”と語り、HEREの想いに賛同してくれた出演者や、集まった観客への感謝を語る。そして、“言いたいことは全部曲に入ってます”と始まったのは「風に吹かれてる場合じゃない」。今を生き抜き、ここからも全速力で駆け抜ける決意を謳った曲を渾身の歌と演奏で届ける。腹を括って信念を貫き、戦う男たちのステージは実に勇ましく、“ハイテンションとは何なのか?”の答えをしっかり体現していた。「はっきよい」「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」で再び会場を熱くした終盤戦、ラストは「LET'S GO CRAZY」で明るく前向きにフィニッシュ。“みんな元気で再びライヴハウスで会えますように”という覚悟を決めて挑んだ『ハイテンションフェス』を締め括るこの曲からは、HEREの純粋な想いがひしと伝わってきた。

撮影:新倉映見/取材:フジジュン


セットリスト

  1. 1.ハイテンションなコミュニケーション
  2. 2.最高ですから最強なんです
  3. 3.BOON BOON BOONでPON PON PON
  4. 4.ギラギラBODY&SOUL
  5. 5.己 STAND UP
  6. 6.風に吹かれてる場合じゃない
  7. 7.はっきよい
  8. 8.死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
  9. 9.LET'S GO CRAZY
HERE プロフィール

ヒア:2008年活動開始。ハイテンションという名の“熱中”を追求するロックバンド。13年に1stアルバム『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』を発売し、以後、定期的にリリースとツアーを行なう。18年には結成10周年を記念して『ハイテンションフェス』を開催。私立恵比寿中学、9mm Parabellum Bullet、アルカラ、流れ星など親交のあるアーティストが集結する。さらにZepp DiverCity TOKYOでのバンド史上最大規模のワンマンライヴも敢行。20年12月に約2年振りのニューアルバム『風に吹かれてる場合じゃない』を発売。HERE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』