ミュージカル・ギルド q. が、最前線
で奮闘するジャーナリストたちを描い
た『BRAVE HEART~真実の扉を開け~
』を上演

2021年4月7日(水)~4月10日(土)東京・IMA ホールにて、ミュージカル・ギルド q. 第19回公演『BRAVE HEART~真実の扉を開け~』が上演されることがわかった。
ミュージカル・ギルド q. は現代日本の社会問題を題材に、オリジナルミュージカルを発表してきた劇団。本作は2019年8月に上演した『Signs!~微力だけど無力じゃない~』以来2年ぶりの新作ミュージカルとなる。
新型コロナウイルス感染症の爆発的な拡大の中、日本の政治とメディアをめぐる問題を大きくクローズアップされた昨今。
劇団演出家・劇作家の田中広喜は、長く新聞界に身を置いてきた経験から自作でメディアの現場を描いたミュージカルを作ることをライフワークにしており、いま多くの人達がSNS上でのフェイクニュースなどに振り回され、それが大きく世論を動かすようになってきた現代において、改めて既存のメディアの必要性とその在り方を見つめ直す必要性を感じ、権力とメディアの癒着、政治報道の在り方、またメディアの中での性差別の問題などを題材として取り上げながら、大勢の記者への取材をもとに最前線で働く新聞記者たちの苦悩と奮闘ぶりをミュージカルとしてエンターテインメント性も持たせながら描きたいと考えたそうだ。
そして、本来伝えるべきことを伝えられなくなってしまうことへの警鐘を鳴らす思いを込めて、知る権利を守る最前線で頑張るジャーナリストたちへのエールを本作でおくる。
出演者は、沼尾みゆき、後藤夕貴、井口大地、石井雅登、藤森裕美(イッツフォーリーズ)、石原慎一、安達星来、中村香織、柳瀬亮輔、秋山秀樹、森田浩平ほか。
本公演は劇場での上演に加え、4月10日(土)12時55分からライブ配信も行われる。
【Story】
秋月美沙子(沼尾みゆき)は東都新聞の記者。後輩の向坂皆人(井口大地)と補助金疑惑の取材中で、ライバル社の東山謙(石井雅登)としのぎを削っていた。この疑惑の中心は長期政権を支える官房長官・瀧清重(森田浩平)だ。美沙子は瀧を追及すべく官邸記者クラブへと乗り込むが、上司の村井正嗣
(石原慎一)がクラブを牛耳り、取材を妨害する始末。そこに、通信社の官房長官番として向坂の大学の後輩・舞島朱里(後藤夕貴)が配属され、美沙子らとの出会いをきっかけに疑惑取材に関わっていく。そんな折、向坂は財務省官僚の森川修二(柳瀬亮輔)から疑惑の証拠となる資料を託される。
しかし、向坂は森川の立場を案じ、美沙子にその存在を隠す。一方、美沙子は尊敬する女性編集長・西崎玲子(藤森裕美)の指示で、瀧を追及すべく官房長官の定例会見に再び乗り込む。そして疑惑をめぐる権力との攻防が始まる!!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着