tonari no Hanakoが生み出す、言葉と
音のマリアージュ

言葉にできる思いがあるからこそ

――思っているだけじゃ伝わらない。言ってくれなきゃわからない。
誰しも一度は、言われたことがあるだろう。しかし、そのたびに思うのだ。
――この胸のなかにある思いを寸分違わず吐き出せたら。1㎜の誤差もなく受け取ってもらえたら。どれだけ楽になるのだろう。

tonari no Hanakoを聴いていると、そんな思いが少しだけ救われた気がした。だってそこには、言葉だけでは伝えきれない人の思いが一面のネモフィラのように敷き詰められていたから。
プロデューサーのameが感度の高さを長所としてあげていることも、作品を聴いていると納得できる。おそらく彼女は、見えないものを感じ取ろうという意識が強い。自身が想いを声にするのが得意じゃないがゆえに、他者に対しても物語をしっかりと読み解いていこうとする。その姿勢がサウンドやリリックに落とし込まれ、言葉と音のマリアージュを生みだすのではないだろうか。

配信が開始された「short hair」は、2nd EP『青ざめて春』の収録作品。恋のライバルへの精一杯の制止は、素直になれない乙女心を映していてかわいらしい。メロディーの上でステップを刻むストリングスなど、細かな飾りにも注目だ。

tonari no Hanako アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着