蒼井翔太、日本武道館で自身初の無観
客オンラインライブ開催 "今の想い
"を全て歌に込めたプレミアムな公演
をレポート

声優アーティストの蒼井翔太が、2021年3月6日(土)東京・日本武道館にて、自身初となる無観客オンラインライブ『蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと』を開催した。5年ぶり2度目となる日本武道館のステージで、ボーカリストとピアニスト2人だけという構成でのライブパフォーマンスを披露。蒼井翔太の“今の想い”を全て歌に込めて届けたプレミアムな公演をレポートする。
「皆様にこれまでの気持ちをぶつけたい」
「蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと」
開演時刻。静かにピアノの独奏が始まり、楽屋から会場へ向かっていく蒼井の映像が映し出される。向かう先、観客のいない整然とした武道館の会場には、360度を約100基の照明機材に囲まれたセンターフロアにグランドピアノが佇む。
純粋な歌を届けたいという想いから、白で統一された衣装に身を包んだ蒼井がスタンバイし、オープニングとなる
「Harmony」「汝の言霊」を披露。広い会場を使った無観客ライブならでは、多数の照明による演出と美しいピアノアレンジがイノセントな歌声を際立たせ、原曲とはまた違った魅力を引き出していく。
日本武道館で、2人だけのステージ
この日蒼井の歌と共演したのは、ピアニストの工藤拓人。今回のライブタイトル”うたいびと”の通り、ボーカリストとしての蒼井翔太を余す事なく堪能できるピアノ伴奏1本のパフォーマンスに、開幕から一気に惹き込まれる。
2曲の演奏が終わり、蒼井は深々とお辞儀。「皆さんにとって特別な時間にしていけたらと思っています。最後までごゆるりとお楽しみ下さい」と、しっとりとしたトーンで画面の向こうの視聴者へ挨拶した。3曲目に披露されたのは「イノセント」。ライブでも盛り上がる二面性のあるロック曲だが、メリハリを活かしたピアノアレンジが印象的だ。続く「spilt memories」では、切ない詞に乗せた繊細な歌声が視聴者の心に沁み渡りさらにその世界観に引き込まれていく。
「蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと」
元々は、自身初の日本武道館公演からちょうど5年となるこの3月に有観客でのライブを予定していたが、新型コロナウイルスの影響を受け断念。それでも日本武道館という特別なステージから歌を届けたい、という強い想いで今回の無観客配信ライブが実現した。「今日に向けてどんな気持ちを伝えようか、そのワクワクが一日一日とても大きく膨らみました。今回は、ピアノの旋律と僕の声の2つだけで精一杯歌って、皆様にこれまでの気持ちをぶつけたいなという思いでこのようなコンセプトになりました」と改めて今回のライブにかける気持ちを語った。
「蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと」
全編通してピアノアレンジによって生まれ変わった蒼井翔太の楽曲は、これまで応援してきたファンにとっても驚きの連続となった。和ロックな原曲を見事にリニューアルした「零」、エキゾチックなコーラスワークに息をのむ「愛のささめきごと」。歌声という”楽器”を駆使し、全身でパフォーマンスする姿からは片時も目が離せない。
これまでの人生を歌詞に詰め込んだ「I am」
「蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと」
ライブ中盤には、これまでの人生を歌詞に詰め込んだという自身作詞作曲の「I am」を披露。「届きます様に。」と祈るように語りかけた後、間奏ではコールアンドレスポンスを視聴者に呼びかけながら、続く「flower」でも伸びやかな歌声を届ける。オンラインライブながら、ファンとの一体感溢れる空間を作り上げていった。
後半のMCでは、自身のライブ中アルファ波的な効果で眠くなってしまうと言われることが多いという蒼井が「皆さんちゃんと起きてますか?(笑)」とこぼし、彼らしいチャーミングな一面もみせた。ライブの定番曲「SMILE SMILE SMILE」では、カラフルな照明演出とジャジーなピアノアレンジでテンションアップ、リズミカルで伸びやかな歌声を届けた。
またタンバリンを演奏しながら情熱的にパフォーマンスした「SPOTLIGHT」、ミステリアスなピアノイントロの「Fake of Fake」と、繊細ながらもエネルギッシュに熱唱した。
一番伝えたかった、ファンへの感謝
「蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと」
なかなかファンと会えない状況下、無観客で決行された今回のライブで蒼井が一番伝えたいことは、やはりファンへの感謝の想い。終盤に披露された「君のとなりで」の詞に込められたように「ありがとう」という心からの言葉がまっすぐに伝わってくる。
ここまで全力で歌を届けてきた蒼井は、「やっぱり最後は笑顔で!」と視聴者に語りかけ、「Hungry Night」をパフォーマンス。再びタンバリンを手に、画面の向こうのファンからもクラップが聞こえてくるような笑顔あふれるラストナンバーとなった。
リハーサルや舞台裏に密着
本公演のアーカイブ映像は、3月15日(月)23:59まで配信中(視聴チケット販売は同日18:00まで)。
さらにこのライブの模様や舞台裏ドキュメント映像が、4月17日(土)TBSチャンネル1にて、『蒼井翔太 ONLINE LIVE at 日本武道館 うたいびと / documentary of うたいびと』として放送される。番組では、ライブ本編を全曲ノーカットで収録し、リハーサルや舞台裏のドキュメント映像に密着した「documentary of うたいびと」を含めた特別版としてお届け。
また、「蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab. Ø」、「蒼井翔太 LIVE 2019 WONDER lab. I」も合わせて、4月15日(木)から3夜連続で蒼井翔太のライブが放送。これを記念して、直筆サイン入りのプレゼントキャンペーンの実施も決定。詳細は公式サイトにて確認を。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着