熊川哲也『カルミナ・ブラーナ』が映
像作品として復活 総出演者250名超
、Bunkamura初の本格映像作品

2019年にBunkamura30周年記念として初演された熊川哲也『カルミナ・ブラーナ』が、2021年3月29日(月)より映像作品として配信されることが決定した。
稀代のダンサーとして世界に名を馳せ、演出・振付家としても数々のオリジナル作品を異例のスピードで発表し続けるなど、前人未踏の領域を築いてきた熊川哲也。誰もが知る大曲に、“美しく優美なバレエ”の概念を超えた戦慄の物語を授けた『カルミナ・ブラーナ』は、初演時はわずか2公演限りで上演され、再演不可能と言われた幻の作品。今回、初演時にはなかった熊川哲也の特別参加も実現し、映像作品として復活する。
コロナ禍にあえてこの作品に向き合う決断をした熊川の想いを、貴重な密着の数々で描いたメイキングも必見だ。本作を実現するのに要するのはK-BALLET COMPANYのダンサー、オーケストラ、合唱など250名を超える出演者たち。コロナ禍の制限下にある劇場において、その実現は無謀とも思われたが、完全無観客だからこそ可能である大規模映像作品の制作として実現を目指すことになった。熊川が「生の舞台の感動」を至上主義としていることは有名で、「劇場体験を知るお客様をも唸らせる映像プラン」を絶対条件として提示し、作品を活かすアングルの検討、ドローンやクレーン、舞台上に設置した4Kカメラなど、舞台撮影の常識を超えた環境を整えることではじめてGOサインを出すに至ったという。
あらすじ
かつて、女神フォルトゥーナは悪魔ルシファーと恋に落ち、子を授かった。子に与えられた名は、アドルフ。悪魔の子は人類を侵食し、社会に紛れ込む。アドルフは、人間社会に蔓延する悪の象徴として、またときには、人の堕落と果てなき欲求の化身として、世に闇を与え、醜行を蔓延させる。使命を全うすべくアドルフを殺め、この世に均衡をもたらすのは、我々人類か、あるいは人知を超えた力なのか。
【オンライン限定配信】熊川哲也 『カルミナ・ブラーナ』 2021 特別収録版 ティザー映像

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着