蓮沼執太フィル、Bunkamuraオーチャ
ードホール『○→○』ゲスト第1弾発
表で塩塚モエカ、xiangyu

蓮沼執太フィルが東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて4月23日(金)に開催する公演『○→○』のゲスト第1弾発表が行われた。

今回発表されたのは、昨年12月にリリースしたシングル「HOLIDAY」のゲスト・ボーカルを務めた塩塚モエカ(羊文学)。そして昨夏の蓮沼執太フィル・オンライン公演『#フィルAPIスパイラル』、恵比寿ガーデンホール『of BLUE vol.1』と着実に共演を続けてきたxiangyuの2人。
現在チケットは一般発売中。タイトル『○→○』に込められた、コンサートホールならではの音楽体験、そして後日公開されるライブ+の配信公演。どちらも異なる楽しみがある2つのライブになるとのこと。

また、蓮沼執太は東日本大震災から10年が経った3月11日(木)14時46分に特別に鳴る銀座・和光の鐘の音「未来への希望の鐘」を作曲。SNSで世界各地の鐘の音を募り、それらを基に新たに制作した鐘の旋律が慰霊と希望を祈るように銀座の街に響くという。

さらに、NHK総合より4月12日(月)22:45スタートのよるドラ 『きれいのくに』(https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/444023.html) の音楽を蓮沼執太が担当。出演に吉田羊、蓮佛美沙子、加藤ローサ、稲垣吾郎など。現在鋭意制作中の音楽と共にドラマ本編もお見逃しなく。
『きれいのくに』劇伴録音風景:Photo by 後藤武浩 / Takehiro Goto

【蓮沼執太 コメント】

音が奏でられる場所・オーチャードホールで直に音楽を浴びて欲しい。そして、それらの記録が新たに再構築された配信公演があなたの空間で奏でます。そのふたつは同じものであり、まったく違う音楽です。

まだ種明かしが出来ないけども、コンサート公演&配信公演、2つの公演ともに真新しい作品として誕生する息吹を今から感じています。

蓮沼執太


【イベント情報】 

オーチャードホール公演『○→○』

日時:2021年4月23日(金) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:Bunkamura オーチャードホール
料金:全席指定 ¥8,000
出演:
蓮沼執太フィル

[GUEST]
塩塚モエカ(羊文学)
xiangyu

……and More!

・チケット
一般発売:3月6日(土)〜
チケットぴあ(http://pia.jp/) / ローソンチケット(http://l-tike.com) 0570-084-003 / e+(http://eplus.jp)

※購入制限あり、お一人様2枚まで
※年齢制限:小学生以上有料。未就学児童は無料(大人1名につき、子供1名まで膝上可)。但し、座席が必要な場合はチケット必要
※電子チケットのみ

主催:J-WAVE / VINYLSOYUZ LLC
企画/制作:蓮沼執太 / VINYLSOYUZ LLC
協力:HOT STUFF PROMOTION
 
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(平日12〜15時)

■ 蓮沼執太 オフィシャル・サイト(http://www.shutahasunuma.com/)

■ 蓮沼執太フィル オフィシャル・サイト(https://www.hasunumaphil.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着