韓国を代表する創作ミュージカル『僕
らのイケメン青果店』が衛星劇場にて
日本初放送決定

2016年12月に韓国で上演されたミュージカル『僕らのイケメン青果店』が、2021年4月25日(日)CS 放送局「衛星劇場」 にて日本初放送することが決定した。
本作は、2008年の初演から愛され続けてきた、夢見る若者たちが主人公の韓国を代表する創作ミュージカル。未来に思い悩む青年テソンとミンソクが、ホストバーに通うジファン、留学帰りのユンミン、そして軍から除隊してすぐにやってきたチョルジンと共に、夢と希望を追い求める姿を描く青春ストーリーとなる。
(c)2021 LIVE Corp All Right Reserved
(c)2021 LIVE Corp All Right Reserved
(c)2021 LIVE Corp All Right Reserved
(c)2021 LIVE Corp All Right Reserved
韓国での成功に留まらず、2013年、2015年は日本で、 2014年、2015年は中国でも上演され、全公演完売という爆発的な反応を獲得した。今回は2016年11月から12月にかけて、韓国ソウルの大学路アートワンシアターで上演された公演の中から、テソン役をパク・ジョンピョ、ミンソク役をイ・スンヒョンが演じた回が放送される。
また、4月4日(日)には、韓国ミュージカル『マリ・キュリー』の再放送も決定しているので、あわせてチェックしてみよう。
■ストーリー
勤めていた広告会社を辞めて不確実な未来に悩んでいたテソンは、旅の途中でイカの行商トラックに出会い、全国を回りながら仕事を覚え、野菜の商売を始めることに。そして5年後、テソンは高校の友人ミンソク、ホストバーに通っていたジファン、留学帰りのユンミン、そして軍除隊後すぐにやってきたチョルジンと共に、ショーをする風変わりな八百屋を出店する。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着