ブリティッシュロックを進化させた
ジュリー・ドリスコール、
ブライアン・オーガー
&ザ・トリニティの傑作
3rdアルバム『ストリートノイズ』

本作『ストリートノイズ』について

再びドリスコールを迎えてリリースされた3作目となる『ストリートノイズ』は、2枚組(LP時代)というボリュームでリリースされた。本作はプログレやブリティッシュ・トラッドのテイストもあるトリニティの最高傑作で、クラシックやジャズのみを出自とするアーティストにはないオーガーの多彩なバックボーンが生かされたサウンドになっている。ドリスコールのヴォーカルもこれまでのソウルフルな熱唱に加え、東欧の民族音楽家のような歌唱をしている曲まであって、確実にヴォーカリストとしてのレベルが上がっているようだ。

収録曲は全部で16曲。今回のカバー曲はドアーズの「ハートに火をつけて(原題:Light My Fire)」、リッチー・ヘイブンスの「インディアン・ロープ・マン」、フィフス・ディメンションの「レット・ザ・サンシャイン・イン」、ニーナ・シモンの「テイク・ミー・トゥ・ザ・ウォーター」、マイルス・デイヴィスの「オール・ブルース」、ローラ・ニーロの「セイブ・ザ・カントリー」と、幅広いジャンルからセレクトされている。特に「ハートに火をつけて」はトリニティ独自のアレンジで、素晴らしい仕上がりになっている。

本作でのオーガーのハモンドプレイは快調この上なく、キース・エマーソンやリック・ウェイクマンを凌駕しているといっても過言ではない。クライブ・サッカー(Dr)とデビッド・アンブローズ(Ba)によるリズムセクションは、後のブライアン・オーガーズ・オブリビオン・エクスプレス時代と比べると少し線の細いところもあるが、本作においては上手くハマっていると思う。

LP時代は各面に4曲ずつが収められ、A「How Good It Would Be To Feel Free」、B「Kiss Him Quickly, He Has To Part」、C「Looking In The Eye Of The World」、D「Save The Country」とそれぞれにタイトルがつけられてコンセプトアルバムの体裁になっていた。しばらく日本盤がリリースされていなかったが、この4月に久々に廉価版でリリースされることになっているので、まだ本作を聴いたことがなければこの機会にぜひ聴いてみてください。

この後、オーガーはオブリビオン・エクスプレスを結成、ハービー・ハンコックが『ヘッド・ハンターズ』('73)でやろうとした“ジャズ+ファンク”(要するにフュージョンのはしり)をハンコックに先駆けて実践し、ジャズとロックの融合に成功するのである。

TEXT:河崎直人

アルバム『ストリートノイズ』1969年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. Tropic of Capricorn
    • 2. Czechoslovakia
    • 3. Medley: Take Me to the Water/I'm Going Back Home
    • 4. Word About Colour, A
    • 5. Light My Fire
    • 6. Indian Rope Man
    • 7. When I Was a Young Girl
    • 8. Flesh Failures (Let the Sunshine In)
    • 9. Ellis Island
    • 10. In Search of the Sun
    • 11. Finally Found You Out
    • 12. Looking in the Eye of the World
    • 13. Vauxhall to Lambeth Bridge
    • 14. All Blues
    • 15. I've Got Life
    • 16. Save the Country
『ストリートノイズ』(’69)/Julie Driscoll, Brian Auger & the Trinity

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着